« 「にしぶち飯店」 京都・東山・中国料理 | メイン | 「イーハ?ンツァイ田中 (一?菜 田中)」 京都・田中里の前・中国料理 »

2020年12月23日

「月泉」 大阪・西天満・中国料理


大阪の中国料理界も動きがある。
11月で「一碗水」が一旦店を畳んだ。
次なる展開が楽しみだ。

西天満は中国料理店が多い。
それぞれの特徴がよく現れているのが魅力の一つ。

「月泉」はスタートダッシュが意欲的。
一気に中国料理を象徴する献立がずらりと並ぶ。
20122316.jpg

この勢いに気持ちが高ぶる。



よだれ鶏
20122310.jpg



長茄子に桜海老
20122311.jpg



シマアジはジャスミンの香りでスモーク
20122312.jpg



出汁で火入れした海老芋
20122313.jpg



蛸の山椒和え
20122314.jpg



フォアグラの紹興酒風味
20122315.jpg

インパクトがあり、印象的である。



ニラ入り大根餅
20122317.jpg

おひたし状態のニラ あん肝 柚子味噌 豆板醤
あん肝とニラでレバニラとなる。



モンサンミッシェルのムール貝
20122318.jpg

ほろ苦さとコクは無敵だ。



せこ蟹は内子・外子・味噌が入る。
20122319.jpg

この季節だけの贈り物。



定番にして名物献立の黒酢の酢豚
20122320.jpg

シンプルイズベスト
酸味と甘味が奏でるシンフォニー。
これは毎回外せない。



青椒肉絲
20122322.jpg

大胆なアプローチこそ岡田さんの真骨頂。



麻婆豆腐はいつも刺激的である。
20122323.jpg



チャーハンは技術の賜物
20122324.jpg



金華ハムとサンマをチャーハンに載せる。
20122325.jpg

20122326.jpg



太麺には原木椎茸のエキス。
20122327.jpg

クセになる味わい。



胡麻団子で締める。




また訪れたいという気持ちが膨らむ。






「月泉」
大阪市北区西天満1-6-4
06-6366-0055

投稿者 geode : 2020年12月23日 10:17