« 「白 tsukumo」 奈良・三条町・日本料理 | メイン | 「柏屋 大阪千里山」 大阪・千里山・日本料理 »

2020年12月17日

「肉炭馨 和衷」 大阪・北新地・日本料理


縁があり、初めて訪れた。

スキッとしたカウンターに腰を落ち着ける。
個室と半個室があるようだ。
凛とした空気感が漂う。

スタートは季節の息吹
間人のせこ蟹が現れた。
20121795-copy.jpg

季節ならではのお出迎えだ。
視覚に訴える力も強く、後の料理に期待が高まる。


椀物。
月の輪熊、芹、カブラである。
20121796-copy.jpg

熊の脂身のうまさと甘さに、芹のほのかな苦味が絡む。
かぶらは温かい甘さをもたらす。



太刀魚の春巻き 南蛮ソース。
20121797-copy.jpg

ソースのやや刺激的な味わいが太刀魚を引き立てる。



造りは
アカハタ、やいとカツオ、シマアジ。
20121701-copy.jpg

やいとカツオの脂のノリは、今だけの贅沢。
シマアジのコクも楽しめた。



カワハギの肝和え
20121704-copy.jpg

王道の味わいに安心感を覚える。



氷魚とおろしの相性の良さ。
20121706-copy.jpg

うなぎは香ばしく焼き上げる。
海老芋のほっこり感。



うに いくら とんぶり
20121707-copy.jpg

旨みが合奏曲を生み出す感じだ。



山形牛の生ハム
20121708-copy.jpg

これは珍品。



山形牛のイチボ、ヒレ
20121710-copy.jpg

イチボの軽やかな甘味
ヒレのスキッとした味わい
牛肉と野菜の組み合わせ。



雲井窯の土鍋で炊いた御飯。
20121712-copy.jpg

この白ご飯にはカイノミがぴったりとくる。
カイノミのコクがご飯を盛り上げるのだ。



デザートはソフトクリーム。
20121715-copy.jpg



楽しい時間を過ごすことができた。
ランチタイムにも訪れたい。






「肉炭馨 和衷」
大阪市北区曽根崎新地1-3-3 好陽ビル202
06-7182-6860

投稿者 geode : 2020年12月17日 10:36