« 「そ /s/ KAWAHIGASHI(そ・かわひがし)」 京都・丸太町川端東・割烹 | メイン | 「肉炭馨 和衷」 大阪・北新地・日本料理 »

2020年12月16日

「白 tsukumo」 奈良・三条町・日本料理


「白」の昼ごはんはとても素敵であった。
日本料理の礎ともいうべき「一汁三菜」である。

この日はご挨拶の一品が出た。
胡麻豆腐に白トリュフ。
20121673-copy.jpg

白トリュフの香りが刺激的だ。
それを助長するのが胡麻豆腐の温度であった。
ほのかな温かさは素晴らしい。

この一品で西原さんの世界が見えてくる。


向付八寸
一本釣りのサワラ 羅城門蓮根 すじこの茶碗蒸し
甘鯛の松笠焼 ボラの白子 赤カブ エシャロット
アオリイカ 氷魚 うに
20121674-copy.jpg

まさに季節の賜物がずらりと並ぶ。
一つ一つの素材に物語があり、色々な想像力が働く。

食べ手の気持ちを豊かにする八寸である。



スープ
蕪と白菜の芯、大根、ズワイカニのスープ
20121678-copy.jpg

これは秀逸、舌を優しく刺激する。



ご飯は
海老と野菜天丼、大和牛しぐれ御飯、大和牛ステーキ丼、手打ち蕎麦
の4つからの選択。

しぐれ御飯(牛丼)を選び、手打ち蕎麦のみ追加可能であったので追加。
20121679-copy.jpg

しぐれ御飯にうずら卵の半熟と生が乗るのには驚いた。



サラダ
20121681-copy.jpg

鮮度が違う。



蕎麦
20121683-copy.jpg

8割5分が蕎麦粉で1割5分が小麦粉。
細打ちの技術と見事なコシ。

ツユのキリッとした感じもいい。



果実たっぷり ホワイトチョコレートのアイス
20121687-copy.jpg



記憶に残るランチである。
毎月通いたいと思った。






「白 tsukumo」
奈良市三条町606-2 南側 1F
0742-22-9707

投稿者 geode : 2020年12月16日 10:54