« 「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食 | メイン | 「あやむ屋」 大阪・福島・焼鳥 »

2020年12月 7日

「そば切り 荒凡夫」 大阪・西天満・蕎麦


日曜日の西天満は静かである。
ほとんどの店が休んでいる。

馴染みの店も軒並み休みだ。
その中の一軒「荒凡夫」だけが営業中であった。

20120760-copy.gif

いつもは、満席でなかなかは入れない。



新蕎麦の登場。この日は鴨汁そばとした。
カウンター内で主人が鴨を出し、調理をする姿が素敵だ。

まず鴨汁が出る。
20120757-copy.gif

一口飲むと、そのすごさがわかる。
濃厚な味わいで、鴨がうまい。



そばだけ口に含む。
20120758-copy.gif

大地を思わせる香りを感じ、食感もしっかりしている。



20120759-copy.gif

鴨汁にそばをつけると一気に味が変わる。
優しい味わいになるのだ。

そばが入るたびに鴨汁が変化し、飲みやすくなってくる。

季節のネギが甘い。
これも鴨汁とそばを特徴つける要因だ。



日曜日の昼下がりに良い時間を過ごした。






「そば切り 荒凡夫」
大阪市北区西天満4-1-11 昭栄ビル南館 1F
06-6315-6767

投稿者 geode : 2020年12月 7日 10:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://180.222.81.174/cmt/mt-tb.cgi/819