« 「八楽」 京都・下河原・中国料理 | メイン | 「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食 »

2020年12月 3日

「アバッキオ」 大阪・谷町6丁目・イタリア料理


5坪にも満たない小さなイタリア料理店「アバッキオ」。

20120335-copy.jpg

20120323-copy.jpg

オーナーシェフの古田剛さん。
一人で淡々と料理を作る姿は割烹のような感じも受ける。
この日はカウンターに4人であった。


大きめの皿が置かれた、そこに古田さんは一つずつ料理を手でサーブする。
それはまるで寿司屋のようでもある。

鯛と青大根
20120313-copy.jpg

鯛の熟成感が見事。



カレイと赤大根
20120314-copy.jpg

赤大根のサクッと感。



水牛のモッツァレラ、ノルウェーサーモン、トマト。
20120315-copy.jpg

サーモンの脂分とチーズのコクにより上級のカプレーゼとなる。



カワハギとナス、グリーンソース
20120316-copy.jpg

この出会いは衝撃で肝もインパクトあり。



ほうぼうに小松菜
20120318-copy.jpg

焼き霜のほうぼうは香りが立ち、小松菜を呼ぶ。



海老とビーツと春菊
20120319-copy.jpg

海老のコクにビーツの甘さ。



カジキマグロのグリル
20120320-copy.jpg

濃厚な味わい。



サザエのオーブン焼き
20120321-copy.jpg

懐かしい味わい。



紅ズワイカニにホタテ 
タラの白子の黒豆
20120326-copy.jpg

茶碗蒸しのようなカニとホタテ。



イベリコ豚のボイルと生ハム
20120327-copy.jpg

野菜とのコントラストで、料理に新たな流れが生まれる。



舞茸のタリアテッレ
20120329-copy.jpg

舞茸の香りとコクでするすると食べてしまう。



鹿のヒレ肉のステーキ
20120331-copy.jpg

少しつけたパン粉の存在は大きく、食感にリズムが生まれる。
付け合わせの栗もうれしい。



締めに勧められ、お願いしたジェノバ風パスタ
20120332-copy.jpg

じゃがいもといんげんが定番。
これで一気にイタリア感が深まる。



紅玉のタルトにバニラのアイスクリーム。
20120334-copy.jpg



抜群の安定感があり、古田さんのやりたい世界が確立した感じである。






「アバッキオ」
大阪市中央区谷町6-6-5 谷六コ-プ 1F
06-4304-2529

投稿者 geode : 2020年12月 3日 10:27