« 「しあわせチーズ」 石川・金沢・スペイン料理 | メイン | 「グリルフレンチ」 京都・小川通御池上る・洋食 »

2020年11月24日

「ポンテベッキオ」 大阪・北浜・イタリア料理


大阪・北浜 大阪証券取引所ビル。
その一階にあるイタリア料理の「ポンテベッキオ」。

オーナーシェフの山根大助さんと知己をえて30年以上の歳月が流れる。

早くから独自の世界を構築してきた。
その世界観をたっぷり表現する料理の数々である。

じっくりとローストしたビーツのフランボイワーズビネガーマリネ
ブリのタルタルを乗せたトースト添え
20112461-copy.jpg

ビーツの甘酸っぱさとモッツァレラ、生ハム。
そしてラルドをまとったブリ。

重層的な組み合わせにまずは舌が反応する。


温かいポテトのティンバッロとキャビア
20112462-copy.jpg

シグネチャーメニュー。
温かいキャビアの料理は見事。



タコのティエピドとセロリのエチェベ ザバイオーネ 冷たいキュウリのソース添え
20112464-copy.jpg

タコの変化と旨みの凝縮感に驚き。セロリの働きも大。



魚介の濃いズッパディペッシェ メイタガレイと黒アワビのグツグツ煮
アーティチョークのジェラート添え
20112466-copy.jpg

20112468-copy.jpg

グツグツ煮とは?と思っていると山根シェフ創作の器で、アワビがグツグツと踊っている。
隣ではジェラート。
この温度差を感じて欲しいというシェフの思いである。見事な着地であった。



淡路産大ぶり骨抜き鱧 松茸と野菜のリゾット仕立て バジリコ風味
20112470-copy.jpg

鱧の食感が違う。「骨切りとは違う味わいと歯ごたえがあります」と。
松茸との新たな饗宴を楽しんだ。



イタリア産白トリュフのタリオリーニ 
発酵バターとパルミジャーノチーズ 温卵添え
20112476-copy.jpg

この季節のご馳走。なんとバランスのいい一皿であろうか。



塩漬けラルド巻きした南淡路産ゴールデンポークの炭火ロースト
蓮根のポレンタを添えて
20112478-copy.jpg

ゴールデンポークの瑞々しさ。野菜との相性もよし。



アヴァンデセール。
液体窒素の賜物。
20112480-copy.jpg

20112481-copy.jpg



ドルチェ
20112483-copy.jpg

20112484-copy.jpg

20112485-copy.jpg

20112486-copy.jpg



エスプレッソ。
20112487-copy.jpg



山根さんの世界観満載。
料理を作り続ける熱量はまだまだフル回転であると感じた。






「ポンテベッキオ」
大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル1F
06-6229-7770

投稿者 geode : 2020年11月24日 10:35