« 「六曜社珈琲店」 京都・河原町三条・コーヒー店 | メイン | 「蜀江」 京都・二条城前ANAクラウンプラザホテル京都・中国料理 »

2020年11月17日

「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理


フランス料理のソースを考える食事であった。

場所は京都の「ドロワ」というフランス料理店。
シェフの森永宣行さんは、研究熱心、考える人である。

20111730-copy.gif


岡山吉田牧場のコダカ(36ヶ月熟成)とカルダモンを加えたグジェール。
20111733-copy.gif

チーズの風味とカルダモンの香りが素敵な出会い。



ヒグマのタルティーヌ。
20111735-copy.gif

フランスのサンドイッチだ。
ヒグマに柿を合わせる組み合わせがうれしい。

ジビエが一気に柔らかくなる。



鰻と根セロリのスープ。
20111737-copy.gif

風味はコニャックとローズマリー。
内臓が綺麗な浮き実となり、出色の料理といえる。
捌きたての鰻を使ったようだ。



ラングスティーヌとリードヴォー、フヌイユの料理。
20111739-copy.gif

甲殻類のクリームソース クリュスタッセ。
コクと風味、王道の隙のない組み合わせに心が踊る。

フランス料理のソースの力を改めて感じた。



王様椎茸とフォアグラ。
20111741-copy.gif

50年熟成のシェリービネガーのソースを。

フォアグラの甘味とコクにソースの酸味が寄り添う。
椎茸の旨みにもぴったりの微笑みを投げかける。



マナガツオのポワレ ライム風味。
20111744-copy.gif

ソース・オーシャブリ。
ライムの風味が漂い、マナガツオの口どけと共にソースが味わいを深めてくれる。
素敵な一皿。



沖縄黒毛和牛経産牛の40日熟成のサーロイン。
20111746-copy.gif

ソース・ボルドレーズだったのだが、
赤ワインにシャトーダッソーを持ち込んだ人がいたので、
ソース・シャトーダッソーとなった。

なんというコクであろう。
経産牛はふくよかな味を醸し、ソースが絡まると円熟味が生まれるのであった。
贅沢な一品。



サンマルセラン、マジアグリ、コダカという吉田牧場のチーズにシェーブル。
20111748-copy.gif



定番の森永プリン。
20111750-copy.gif



フランス料理が持つ醍醐味を楽しんだディナーであった。






「Droit ドロワ」
京都市上京区東桜町49-1
075-256-0177

投稿者 geode : 2020年11月17日 10:13