« 「下鴨茶寮」 京都・下鴨・日本料理 | メイン | 「たかむら」 秋田・秋田・日本料理 »

2020年11月11日

「中国菜 火ノ鳥」 大阪・伏見町・中国料理


オーナーシェフの井上清彦さんは、古典を常に振り返る。

深く掘るという作業をずっと続けている。
久しぶりの訪問である。

最初に供されたのが
上海蟹の紹興酒漬けと秋の実の和えもの(銀杏、蓮の実など)
20111101-copy.jpg

20111103-copy.jpg

見るだけでうまさが伝わってくる。
季節ならではの献立に一気に気持ちが高ぶる。


続いて前菜がずらりと並ぶ。
20111104-copy.jpg

 金木犀で炊いた栗と鳴門金時
 塩漬け砂ずりの葱和え
 フカヒレの冷製と干しカズノコ
 うずらの卵と海老入り鶏肉 漢方醤油煮
 黄金ピータンの黄金ピータンソースがけ
 クラゲと福建ノリの煮こごり
 落花生の黒酢煮
 平目の山東漬け物包み

定番の前菜と旬の食材を活かしたものに、どこから食べようかと迷う。
古典をいかに表現するかの工夫が光る。



黒龍吟醸豚と岡山黒豆の焼売
20111106-copy.jpg

サイズは小さいが、秘めたるパワー全開の一品。
黒豆の香りと豚肉と甘さ。



台湾屋台風、魚と野菜の網脂包み揚げ
20111107-copy.jpg

網脂の効果、ふんわりサクッとした食感



上海蟹味噌と卵白の焼き饅頭
20111108-copy.jpg

味噌のコクを満喫



魚の浮き袋、モウカザメのエンガワ上海蟹味噌 豆腐詰め
20111110-copy.jpg



なんと中にはこんなに贅沢な食材が入る。
20111111-copy.jpg

食材が融合することの醍醐味を味わう。
豆腐の味がいいクッションとなる。



丹波黒鶏 北京風 酒粕ソース炒め
20111113-copy.jpg

甘味と酸味と辛味のバランスで鶏肉を食べる。
懐かしい味わいである。



自家製揚げもちふ 上海蟹団子詰め 蟹味噌煮
20111115-copy.jpg

これも印象に残る一品。
上海蟹を味わうことに喜びを感じる。



宮崎牛イチボの北京回教風 スパイス焼き
20111116-copy.jpg

スパイシーな香りとイチボの上品な甘味



キノコのサンラー麺
20111118-copy.jpg

酸味と辛味にキノコのコクを楽しむ。



葱炒飯
20111119-copy.jpg

シンプルだが味は深い。



バニラ風味の杏仁豆腐(画像なし)
初めての経験



北京宮廷菓子 艾窩窩(アイウォーウォー)
20111120-copy.jpg

20111121-copy.jpg

ドライフルーツやナッツ、金木犀など10種類をもち米で包んだ菓子。



めくるめくコース。

中国料理の奥深さを味わうこととなった。
素敵な仕事に感動を覚える。






「中国菜 火ノ鳥」
大阪市中央区伏見町2-4-9
06-6202-1717

投稿者 geode : 2020年11月11日 10:28