« 「VELROSIER(ベルロオジエ)」 京都・河原町四条・中国料理 | メイン | 「おたぎ」 京都・鷹ヶ峰・日本料理 »

2020年11月 5日

「瞬」 静岡・葵区・鰻割烹


日本の料理で、寿司、天ぷら、鰻はなかなか変化するのが難しいと言われてきた。

しかし、静岡の「成生」という天ぷら屋の出現は、天ぷらの世界に変革をもたらした。
寿司、鰻の世界では、なかなか地殻変動が起こらなかった。

今回静岡の「瞬」で料理を食べ確実に変化が起こっていると感じ、
自らの認識の甘さを恥じた。

カウンターに座る。
舞茸や香茸などを使い、そこに葛豆腐を加える。
20110501-copy.jpg

香りが鮮烈である。


銀杏と尾びれの揚げ焼き。
20110503-copy.jpg

尾びれの存在を知った。サクッとした歯ざわり。
銀杏の香ばしいこと。



肝焼き
20110506-copy.jpg

さいてそのまま焼くので、ふんわりとコリコリのちょうど半分ぐらい。
初めての感覚である。



春巻き。
20110508-copy.jpg

エリの部分の骨で出汁をとり、ゼリー状にして春巻きの皮で巻いてあげる。
ゼリー状が溶けていいソースになる。エリのしっかりした歯ごたえは想定外。



子鰻のうざく。
20110510-copy.jpg

天然の子鰻の優しい弾力ある食感。
きゅうりの爽やかさと自家製ゴマの香りの良さ。



鰻巻き。
20110512-copy.jpg

20110514-copy.jpg

しっとりした出来上がりは見事である。



羽釜でご飯を炊く。
20110515-copy.jpg



白焼き。
20110519-copy.jpg

弾力と香りの饗宴に気持ちが揺れる。



蒲焼。
20110520-copy.jpg

20110521-copy.jpg

脂の落とし方と活かし方のバランスが秀逸。



皮をむいたぶどう。
20110524-copy.jpg



栗の渋皮煮である。
20110526-copy.jpg



また時間を空けずに訪れたいと思った。






「瞬」
静岡市葵区有永260-1
054-294-7178

投稿者 geode : 2020年11月 5日 10:53