« 「Pizzeria Cinq(ピッツェリアサンク)」 大阪・西天満・ピッツェリア | メイン | 「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食 »

2020年10月28日

「ラボンヌターシュ」 大阪・西天満・フランス料理


赤ピーマンのムース。

これを初めて意識したのは、パリの「ラムブロアジー」。
ボージュ広場に移転した直後のこと。

ベルナール・パコーさんのスペシャリテであり、
以前は三田「コートドール」の斉須政雄さんと共に作ったものだが、
遡れば「ヴィヴォロワ」というレストランが原点のようである。

その流れを継承する「ラボンヌターシュ」のシェフが作る先付けは赤ピーマンのムース。
20102843-copy.jpg

20102844-copy.jpg

トマトのクーリと赤ピーマンが織りなす傑作といえる。
様々な思い出を浮かべながら食べる。


ノルウェーサーモンの燻製。
20102846-copy.jpg

ねっとりした歯ざわりとかすかな甘味がやってくる。
どこか懐かしい味わい。



モンサンミッシェルのムール貝。
20102848-copy.jpg

スープ仕立てである。
もう少し濃さがあるかと思っていたが、流れるように軽やか。



牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。
20102851-copy.jpg

付け合わせは人参のピュレ。
直球ストライクゾーンに決まる料理だ。

赤ワイン煮込みの真骨頂は、牛肉にワインの風味が漂うこと。
しっかりした仕事である。



クレームブリュレ。
20102853-copy.jpg

硬さが嬉しい。



エスプレッソでしめる。
20102854-copy.jpg

安定感のある料理。
たまにはチューニングのためにも食べたい献立である。






「ラボンヌターシュ」
大阪市北区西天満4-1-8
06-6312-1777

投稿者 geode : 2020年10月28日 10:36