« 「熙怡」 京都・室町仏光寺・イタリア料理 | メイン | 「中国菜 香味」 大阪・西天満・中華料理 »

2020年10月23日

「料理屋 しん谷」 京都・中書島・日本料理


京阪中書島駅から歩いて3分ほどのところにある日本料理店。
以前、「センプリチェ」という人気のイタリア料理店があったところだ。

20102398-copy.jpg

20102300-copy.jpg

古い町屋をうまくリノベーションした店内。
入り口を入ると、左にテーブル、右手にカウンターがある。


コースもあるが、単品で注文することもできるのが嬉しい。
20102302-copy.jpg

清酒を飲む人には江戸切子の酒杯。これは美しい。



魅力的な料理が並んだ献立が楽しい。
20102303-copy.jpg

20102304-copy.jpg

20102306-copy.jpg



先付けは、黒イチジクとアワビ。
20102308-copy.jpg

豊潤な甘味をたたえたイチジクには胡麻クリーム。
アワビには肝ソース。
相性の良さは王道だが、これで気持ちを掴まれる。



明石の伝助穴子。
20102310-copy.jpg

炙りで供される。弾力があり食感から発する甘味。
わさびをたっぷりつけても脂分のおかげで香りだけが残る。



すっぽんの小鍋仕立て。
20102311-copy.jpg

店主が以前仕事をしていた「花錦戸」という店ではすっぽんを良く使う。
その技が生きている。
スープの味わいの奥行きの深さとすっぽんのゼラチン質。
素敵な一品だ。



土佐のカツオの藁焼き。
20102313-copy.jpg

藁の香りがふんわりと香る。



すっぽんの出汁入り卵焼き。
20102314-copy.jpg

すっぽんのコクが楽しい。



松茸と穴子の天ぷら。
20102319-copy.jpg

季節ならではの味わい。



黒毛和牛テールの味噌煮込み。
20102320-copy.jpg

骨からスルッとほぐれるほどよく煮込まれたテール。
味噌のコクが気持ちを豊かにする。
これは次回も必至の献立だ。



ヤンバル豚ソーセージ炭火焼。
20102321-copy.jpg

プチっと溢れる味。



栗と銀杏のご飯。
20102322-copy.jpg

20102324-copy.jpg

ほくほくと秋の味わい。



シャインマスカットの大福。
20102326-copy.jpg

梨にセトマスカット。



居心地の良い日本料理店である。






「料理屋 しん谷」
京都市伏見区表町582-1
075-748-7111

投稿者 geode : 2020年10月23日 10:02