« 「仁修楼」 京都・紫竹・中国料理 | メイン | 「料理屋 しん谷」 京都・中書島・日本料理 »

2020年10月22日

「熙怡」 京都・室町仏光寺・イタリア料理


「熙怡」と書いて「きい」と読む。
喜ぶとか囲むという意味があるそうだ。

昨年の春、中書島で人気であった「センプリチェ」が四条烏丸に移転し、店名も変えたのである。
チャンスを逸したまま時が過ぎ、ようやく訪れることができた。

オーナーシェフの西山哲平さんの表情は輝いている。
新たなステージで、やりたいことがやることができる環境が整ったという感じである。

メニューは素材が書いてあるだけ。
20102266-copy.jpg

それを見ながら想像を膨らます。


松茸。
20102269-copy.jpg

ヒネドリ、あこや貝、いりこでとったスープで松茸を食べる。
歯を入れると甘味が生まれ、スープの香りとともに楽しむ。



伊勢海老。
20102271-copy.jpg

直前に打ったタリアテッレ。
伊勢海老の殻と身とトマト、花穂紫蘇となる。
パスタのしなやかさに海老のコク。
最初からインパクトありだ。



雲子 キャビア。
20102276-copy.jpg

雲子はカダイフで包まれフライに。
そこにラトビアのニコライキャビア。塩味とコクが加わり完成だ。



栗 チーズ。小さいピザ。
20102278-copy.jpg

ゴルゴンゾーラなどシェーブルのチーズと栗。
弾ける旨みとチーズの酸味などが新たな味わいを告げる。



鴨 トリュフ。
20102281-copy.jpg

20102282-copy.jpg

七谷鴨はタレのつけ焼き。
ローストしたアーモンド、トリュフのジュースなど。
ソースというかスープはイクラ。これには衝撃を覚えた。



野菜。
20102286-copy.jpg

このメニューは「センプリチェ」時代からのスペシャリテ。
サツマイモのソース、そしてセロリの甘酢のソルべ。
やはり感動は大きい。



天然キノコ。
20102287-copy.jpg

アミタケ、ほうき茸、舞茸など
香りの高さは格別である。



フエダイ。
20102289-copy.jpg

ピルピルというスペイン特有のソース。
フエダイの旨みの強さに驚きながら、発酵した生姜など西山さんの技を楽しむ。



パスタ。
20102290-copy.jpg

トロフィエはトマトとチーズ



タリオリーニはめぬけと舞茸。
20102291-copy.jpg

締めパスタでぐっと安心感と満足感は増す。



デザート。
20102292-copy.jpg

洋梨のソルベ、卵黄のクリーム、ナッツ



西山さんの世界がより際立ち、それが明確になり、
以前より刺激を感じるようになった。また通いたくなった。






「熙怡」
京都市下京区烏丸通仏光寺西入釘隠町242
090-7098-4392

投稿者 geode : 2020年10月22日 10:25