« 「大阪とらふぐの会」 大阪・天満・ふぐ | メイン | 「一碗水」 大阪・堺筋本町・中国料理 »

2020年10月14日

「チェンチ」 京都・岡崎・イタリア料理


岡崎の地でレストランを開いて6年だという。
すっかり定着し、安定感があるので10年ぐらい経っているのかと思っていた。

イタリア料理店というより
京都でイタリア料理をベースに新たな料理を食べているという感覚が強い。

まず最初に8種類のハーブが入った液体を飲む。
20101471-copy.jpg

レモングラス、オレンジピール、ローズヒップ、マリーゴールド
ルイボス、ハイビスカス、ペパーミント、エキナセアである。

ビタミン補給や免疫力アップ、胃袋の活性化などに効果があるとの説明。
気分はスッキリである。



グリッシーニをかじる。
20101474-copy.jpg



定番のペルシュウとブッラータ
20101476-copy.jpg

ブッラータの前には落花生を熟成させピュレ状態にしたもの。
この2品で一気に「チェンチ」の世界に馴染んでしまう。



枝豆 白海老 檸檬唐辛子
20101479-copy.jpg

白海老はフリット 
枝豆のソースは青大豆で豆乳プリンを作る。
自家製レモンの唐辛子 マイクロキュウリはピクルスに
酸味とコクと食感と甘さの饗宴だ。



茄子 オクラ トマト 伝助穴子
20101481-copy.jpg

伝助穴子は炭火で火入れ
万願寺唐辛子は煮浸し トマトは乳酸発酵させピュレ
オクラの花はピクルスと発酵や酸味の使い方が見事である。



とうもろこし 鮎 ハレヤ ハーブ
20101482-copy.jpg

鮎の分解と再構築 プラスワンの料理

クレープ生地に鮎のペーストを練り込み、中には鮎の身やアマゾンカカオのジャムを含ませる。
上にはミントとディルのヨーグルトに粒コーン。

進化し続ける坂本シェフの姿である。



ひよこ豆とインカの目覚めのコロッケの上に剣先イカ 
パプリカのピュレ
20101487-copy.jpg

バランスのとれた料理である。



蓮根 七谷鴨 山椒
20101488-copy.jpg

七谷鴨は20日熟成
蓮根のシャキシャキ感と鴨のしっとり感の差異も面白い。



トマト 茄子 秋刀魚 茴香 スパゲッティ
20101490-copy.jpg

季節感満載のパスタ
ういきょうと秋刀魚のコンビネーションは素敵すぎる。



ゆり根 天然舞茸 原木椎茸 リゾット
20101491-copy.jpg

これまた季節を象徴する料理であり味わい。



エクレア
ゴマとカカオとパッションフルーツ
20101492-copy.jpg



無花果 ピスタチオ ビール
20101494-copy.jpg



桃 生姜 金木犀
20101495-copy.jpg

バースデーケーキに感激。



坂本シェフの思想がますます料理に反映されたと感じる。
料理をジャンルというより、個人の考えをいかに提供するか。

そんな思いを強くしたディナーであった。






「チェンチ」
京都市左京区聖護院円頓美町44-7
075-708-5307

投稿者 geode : 2020年10月14日 10:11