« 「白山」 京都・東山七条・日本料理 | メイン | 「とりやき八」 福岡・薬院・焼鳥 »

2020年10月 8日

「東心斎橋やつづか」 大阪・東心斎橋・日本料理


大阪・ミナミの周防町通りにある割烹店。

約束の時間より少し早く到着すると、ご主人がカウンターで甘鯛をさばいていた。
その姿の美しいこと。この日は、この甘鯛を食べたいと思った。

ご主人の甘鯛を凝視する視線にも魅せられた。

この日はカウンターではなく個室であった。
メンバー(3名)が揃い、献立を見ながら料理を決めてゆく。

料理選びも割烹の醍醐味である。
昨今は割烹といってもほとんどがコース仕立てになっているところが多い。

真つぶ貝造り。
20100843-copy.jpg

貝殻付きで供された。
迫力と真つぶ貝の濃さに箸が進む。


剣先イカ唐揚。
20100844-copy.jpg

画像からも想像できるようにスティック状である。
味はイカフライのよう。酒飲みの二人は大喜び。



かにとモモ、梨サラダ。
20100846-copy.jpg

組み合わせの妙が素敵だ。
かにとモモは想像がついたのだが、梨の水分と甘味が見事に寄り添っていた。



新すじこ沖漬け。
20100848-copy.jpg

皮の柔らかさと味の凝縮感の差異が楽しい。



イカとセロリのかき揚げ。
20100850-copy.jpg

このコンビネーションにも感動である。



甘鯛の松笠焼き。件の甘鯛である。
20100851-copy.jpg

鱗がピンと立ち、その香ばしさと身のふんわり具合。



天ぷら3種。
ハマグリ、トウモロコシ、鰻。
20100854-copy.jpg

ハマグリのジューシーさがいい感じだ。



山形牛のクリとミスジのすき焼き。
20100856-copy.jpg

すき焼きの甘だれにメレンゲと卵黄。



締めに仲間が蕎麦を注文。
20100857-copy.jpg

スッキリだ。



僕は合鴨黒胡椒焼きに白ご飯。
20100860-copy.jpg



これを勝手に丼仕立てに。
20100861-copy.jpg

白いご飯が進む。
こんなことができるのが割烹の楽しみだ。



気軽な仲間と訪れたい一軒。






「東心斎橋やつづか」
大阪市中央区東心斎橋2-5-29 日宝周防町ビル2F
06-6213-2250

投稿者 geode : 2020年10月 8日 10:43