« 「熟豚」 京都・山科・とんかつ | メイン | 「東心斎橋やつづか」 大阪・東心斎橋・日本料理 »

2020年10月 7日

「白山」 京都・東山七条・日本料理


今年6月開店の、閑静な住宅街に佇む割烹店である。

邸宅を改装し、カウンターは広々として心地が良い。

20100794-copy.jpg

主人の山城和彦さんは、北海道の「美山荘」や東京銀座の店舗などで腕を振るった料理人。
店名の「白山」は、ハクザン、と読む。
山城さんを反対にするとシロヤマ、それを白山としたわけだ。


ワタリガニ、菊菜、ウニ。
20100796-copy.jpg

季節感を全面に押し出す真っ当な先付けは安心感を覚える。



圧巻で麗しい八寸。
20100701-copy.jpg

秋を告げる食材の声が聞こえてくるようだ。

かます、銀杏、紫頭巾にかぼちゃ、鮑などなど
気分が高揚する味わいと盛り付け。



造りは
車海老とクエ。
20100702-copy.jpg

器とのバランスもよし、味わいの凝縮感が素敵だ。



半生状態の小ぶりの鯖寿司が登場。
20100704-copy.jpg

これが胃袋をまた刺激してくれる。



椀物は鱧と松茸。
20100705-copy.jpg

黄金の組み合わせ。だしのキレがスマート。



ぐじにムカゴ。
20100707-copy.jpg

ぐじの皮目のサクッと感、身の豊かさを味わう。



炊き合わせ
舞茸、焼きなす、加賀蓮根のすり流し、かぶら。
20100708-copy.jpg

うっとりするような味の含ませ方。



ご飯は豪勢だ。3種あり。
松茸と鱧
20100709-copy.jpg




20100710-copy.jpg



枝豆と栗。
20100711-copy.jpg



もちろん全て食べる。
鮭にはイクラが乗り、親子丼となる。
20100716-copy.jpg

20100717-copy.jpg

それぞれの個性が際立つご飯で、嬉しさが増す。



自家製栗きんとんにパイナップル、梨、シャインマスカット。
20100719-copy.jpg



抹茶。
20100720-copy.jpg



優雅な時間が流れる設えと料理であった。
季節を変えて伺いたいと感じている。






「白山」
京都市東山区今熊野北日吉町52-17
075-525-9060

投稿者 geode : 2020年10月 7日 10:50