« 「祇園 きだ」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「白山」 京都・東山七条・日本料理 »

2020年10月 6日

「熟豚」 京都・山科・とんかつ


店名の「熟豚」からして素敵だ。
気持ちが動く。

20100675-copy.jpg

20100674-copy.jpg

移転後、初めての訪問。

鹿児島の「ふくどめ小牧場」のサドルバックという、
いま僕が最も好む豚を扱っていることも、再訪の大きな要因である。


その「サドルバック」のとんかつを食べる。
20100667-copy.jpg

サドルバックの醍醐味は脂身のさわやかさである。
脂身と書いたように、脂も身のうちだと思っている。
余分な脂分は落とし、旨みを残す。



脂の綺麗さは威厳を保っている。
塩やマスタードなど調味料によって味わいの変化も楽しい。
20100666-copy.jpg

とんかつの新たな地平が見えてきたように感じる。



コロッケも数種あり。
有機国産ジャガイモと熟成豚のそぼろコロッケ。
20100672-copy.jpg

そぼろの役割が大きいと思った。ボリュームあり。



豚汁のレベルも高い。
20100673-copy.jpg



とんかつを中心として様々なチャレンジが見られるのが
食いしん坊の気持ちを刺激してくれる。






「熟豚」
京都市山科区竹鼻西ノ口町57-1
075-595-0295

投稿者 geode : 2020年10月 6日 10:03