« 「京、静華」 京都・岡崎・中国料理 | メイン | 「熟豚」 京都・山科・とんかつ »

2020年10月 5日

「祇園 きだ」 京都・祇園・日本料理


「祇園さゝ木」佐々木浩さんの一番弟子のお店である。

20100576-copy.jpg

東京出店、富山出店時も常に「祇園 きだ」の木田康夫さんが料理長を務めていた。
つまり信頼がもっともおける料理人ということだ。
「祇園 楽味」の初代料理長ということでも、わかる。


うに、海老、いかに芋のペースト、わさびのジュレ、キャビア。
20100577-copy.jpg

ビジュアルも含め刺激的な始まりである。



立派な松茸登場。
20100578-copy.jpg



新銀杏。
20100579-copy.jpg

素揚げ、温度と香り。



かますにイクラ、海苔。
20100580-copy.jpg

ほっこりする。



椀物はクエと松茸。
20100581-copy.jpg

贅沢感溢れる椀であった。



淡路島沼島の鱧、塩とすだちに赤うに。
20100582-copy.jpg

鱧の新たな食べ方だと感じた。
鱧は骨切りをしてそれを包丁で一体となるように仕上げる。
風味と食感の勝利だ。



五島列島の迷いカツオ 藁で焼き香りをつける
ミンククジラの尾の身は軽くづけ
ワタリガニは豆と合わせる
20100583-copy.jpg



この時期の迷いカツオの旨さは格別だ。
クジラは香りが秀逸、ワタリガニは甘味が生きる。
20100584-copy.jpg

20100585-copy.jpg

20100586-copy.jpg



鰻はぬか漬けのキュウリと。
20100587-copy.jpg



鮑の料理。
20100588-copy.jpg

たっぷりの肝ソースに青ナス。
5時間 火入れをした鮑の完成度の高さ。



残ったソースで素麺となる。
20100589-copy.jpg

スルスルと胃袋に入ってゆく。



締めのご飯には牛肉のしゃぶしゃぶ。
20100590-copy.jpg

20100591-copy.jpg

20100592-copy.jpg

優雅かつゴージャス感を味わう。
ご飯と牛肉の相性は 麗しい。



デザートは
梨のソースにピオーネとシャインマスカット。
20100593-copy.jpg



木田さんのしっかりした世界観を感じる楽しい時間であった。






「祇園 きだ」
京都市東山区祇園町南側570-192
075-551-3923

投稿者 geode : 2020年10月 5日 10:41