« 「かっぱ梶岡」 大阪・豊中・焼肉 | メイン | 「祇園 きだ」 京都・祇園・日本料理 »

2020年10月 1日

「京、静華」 京都・岡崎・中国料理


カウンター内の空気感が極めて穏やかに流れてゆく。

空気感とは、見えない音の振動でもあり、
その場にいる人たちの呼吸や鼓動でもある。

それを支配するのが、店主の宮本静雄さん。

料理はチームの仕事である。
横で仕事をする料理人、サーブを担当する人。
ここでは宮本さんの最大の理解者でもあるマダムがそれを担当する。

鶏胸肉
20100171-copy.jpg

蒸した鶏肉に熱いラー油をかける。
ネギと生姜がソース替わりだ。関東風の仕上げ。



熟成豚肩ロース
20100173-copy.jpg

甘いのだが上品で、脂があるのに清冽。
田中とうがらしの刺激も心地が良い。



目板カレイ クラゲ 大根
20100175-copy.jpg

中華風刺身である。
オリーブオイルがきいている。



車海老 新銀杏の香り炒め。
20100179-copy.jpg

ミント、エシャロット、生姜、ニンニク。
透明感あふれる料理だ。



フカヒレ
20100181-copy.jpg

ヨシキリザメの胸ビレ
レンコンと6年ものの梅干しの酸味がいい働き。



黒鮑 キヌア
20100183-copy.jpg

合わせるのはチシャと肝で炒めたキヌア。
この合わせ方はすきがない。



近江牛 茄子
20100185-copy.jpg

サーロインは塩蒸しで焼く。
少しピリ辛の風味を添える。



浜名湖ドウマン。
20100186-copy.jpg

この時期に取れる汽水域の蟹は貴重である。
ピーナッツオイルで調味。



鱧 広東白菜
20100190-copy.jpg

鱧の骨の出汁がポイント。
松茸の香りも贅沢感を添える。



担々麺 
20100193-copy.jpg

この細さなのに食感が素晴らしい。



炒飯
20100192-copy.jpg

シンプル イズ ベスト。



杏仁豆腐。
20100195-copy.jpg

忘れられない味と口当たり。



サンザシのゼリー、かぼちゃのココナッツ、ナッツのかりんとう
20100198-copy.jpg



いつ訪れてもの安定感。






「京、静華」
京都市左京区 岡崎円勝寺町36-3 2F
075-752-8521

投稿者 geode : 2020年10月 1日 10:42