« 「鮨ノ蔵」 北海道・札幌・寿司 | メイン | 「木乃婦」 京都・新町仏光寺・日本料理 »

2020年9月18日

「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食


「アジフライを食べに行きましょう」と友人を誘った。

その日「洋食おがた」にアジが入荷されているかは当日まで不安であったが、
杞憂に終わった。

カウンターで最初に見せられたのは
鹿児島「ふくどめ小牧場」の骨付きサドルバックである。
20091888-copy.jpg

アジもさることながら、サドルバックにも興味が移る。



恋豆冨は甘味が鮮烈。
20091890-copy.jpg

そのままでも十分だが、オリーブオイルと塩でも試したくなった。



「ふくどめ小牧場」の
パテ アンクルート
タンのテリーヌ
20091892-copy.jpg

これも初めてだが、まるでパリの惣菜店かと思うほどの味わい。



柿の白和え
20091894-copy.jpg

ツルムラサキのネバっとした口当たりもご馳走。



カンパチ
20091895-copy.jpg

右はさっと油通し 左はそのまま
香りが全く違う。シェフの力だ。



金目の炙り
20091899-copy.jpg

炙ることで階段を何段も上がったように感じる。



タチウオのフリット
20091800-copy.jpg

食感から生まれる感激。



小アジのフライ。
20091804-copy.jpg

20091806-copy.jpg

数秒で火が入ってゆく。

一切れずつ味の違いを楽しむ。
アジフライがなんであるかを考えるのであった。
塩、マスタード、ウスターソースで食べる。



うめいろ(フエダイ)のフリット
20091807-copy.jpg

皮目のうまさ。



サドルバックのカツとロースト
20091809-copy.jpg

同じサドルバックだが、ローストの脂身の香りと甘味は衝撃的。
カツの凝縮感も忘れがたい。



ハンバーグとイワシのフライ。
20091812-copy.jpg

イワシは干物。この技はここだけの特権でもある。



カレーにはバターライス。
20091816-copy.jpg

20091815-copy.jpg

カレーとの相性は優れもの。



サドルバックの顎
20091817-copy.jpg

画像無しだが、このフライは旨みの粒が大きい。



このレモンが甘い。
20091819-copy.jpg



デザートは桃とヨーグルトのソルベ、かき氷。

洋食の範疇をはるかに超える食材揃え。
そこに緒方さんの知恵と技術がプラスされ唯一無二の存在となる。






「洋食おがた」
京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
075-223-2230

投稿者 geode : 2020年9月18日 10:25