« 「カフェ・ド・ノール」 北海道・札幌・コーヒー専門店 | メイン | 「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食 »

2020年9月17日

「鮨ノ蔵」 北海道・札幌・寿司


飲食店を表現する時に「変態だ!」というのは、概ね誉め言葉である。
と言っても万人受けするかは、その店との相性によるところが大きい。

札幌の「鮨ノ蔵」という小さな寿司屋に出かけた。
本当にわかりにくいところにある。
期待が高まる。

鏑を昆布出汁で火入れをしてムースに。そこにウニを絡める。
20091742-copy.jpg

スタートの一品として優しいインパクトだ。


シラスに魚介のゼリーがかかる。
20091743-copy.jpg

透明感あるビジュアルとさやわかな味わいの出会い。



イカにはほうれん草、アスパラガス、鰹節に山わさび。
20091744-copy.jpg

山わさびがもたらす香りと辛味が絶妙な味わい。



牡蠣にはピーマン。
20091745-copy.jpg

ピーマンの青味が、こんなに牡蠣とマッチするとは。



アワビは生と蒸しの中間の火入れ。
20091746-copy.jpg

歯ごたえと香りは調理技術と食材の出会いから。



真鯛は麹で寝かせて、海老塩。
20091748-copy.jpg

旨みの塊となったような感覚。



水ナスにはゆかり。
20091751-copy.jpg

文句なしである。



キンキの出汁でキノコ数種。
20091752-copy.jpg

お腹がとても喜ぶ味わい。



数の子のチーズ和え。
20091754-copy.jpg

人気メニューだ。リピート必至!



イカに対する火入れ。
20091756-copy.jpg

20091757-copy.jpg

イカの香りと甘味が想像以上であった。



甘鯛。
20091758-copy.jpg

寝かせることで旨みが深くなる。



徳島のノドグロ。
20091759-copy.jpg

脂のきれいなこと。脂は乗っているが爽やか。



マグロは大間。
20091760-copy.jpg

鉄分の香りと甘味が拮抗する。



貝柱。
20091761-copy.jpg

産地に近いメリットが最大限生きている。



色っぽいアジ。
20091762-copy.jpg

思わず笑みがこぼれる。



赤身のづけ。
20091763-copy.jpg

香りと肌理の細やかさがうれしい。



キンキ。
20091764-copy.jpg

奥深さを感じる。



ウニとろ。
20091765-copy.jpg

超変化球というか変態の面目躍如の一品。
これにて終了。



次も楽しみである。






「鮨ノ蔵」
札幌市中央区南2条西4丁目 乙井ビル B1F
080-3237-5430

投稿者 geode : 2020年9月17日 10:10