« 「MAKIBI」 大阪・西天満・イタリア料理 | メイン | 「カフェ・ド・ノール」 北海道・札幌・コーヒー専門店 »

2020年9月15日

「一之船入」 京都・河原町二条・中華料理


「一之船入」の店主・魏嬉之さんの料理はいつも刺激的である。

常に新たなことにチャレンジしようとしている。
京都の伝統を尊びながら、新たな中国料理を作り上げてきた料理人の一人。

夏野菜と魚介の料理。
20091585-copy.jpg

鱧、うに、ホタテにトマト、きゅうり。
そこに魚介でとったジュレをかける。
季節感と爽やかさを感じるスターター。


エビとホタテとイカを穴子で巻き揚げる。
20091586-copy.jpg

穴子の脂分がじつに素敵なアクセントとなっている。
迫力のある料理でテンションが上がってゆく。



フカヒレの姿煮込み。
20091590-copy.jpg

魏さんは「フカヒレは上湯より白湯のほうが味が乗ります」と。
確かにフカヒレ自体には味がないので、そこにどのような味を加えるかが仕事。
白湯の味が濃厚で、魏さんの仕事に思いをはせる。



伊勢海老に苦瓜、ズッキーニにカラスミ。
20091593-copy.jpg

苦瓜の苦味が伊勢海老に与える力は大きい。
カラスミのコクもうれしい。



牛すじとナマコの煮込み。
20091596-copy.jpg

「煮込みの魏」と呼ばれる魏さんの技だ。
牛すじのうまさは格別だが、ナマコの食感は見事だ。



シンプルな玉子チャーハン。
20091597-copy.jpg

ホッとする。



空芯菜と冬瓜。干しエビのスープ。
20091599-copy.jpg

ほっこりしてかつ余韻が長い。



台湾風マンゴーのかき氷。
20091500-copy.jpg



いつもながらの多彩な料理を楽しんだ昼食であった。






「一之船入」
京都市中京区河原町二条下ル一之船入町537-50
075-256-1271

投稿者 geode : 2020年9月15日 10:40