« 「和食晴ル」 京都・高倉綾小路・日本料理 | メイン | 「京、静華」 京都・岡崎・中国料理 »

2020年8月19日

「かに吉」 鳥取・鳥取・日本料理


鳥取「かに吉」の夏は「なつ吉」と呼ばれる。

冬のかには圧倒的な評判だが、この「なつ吉」の噂もずっと耳にしていた。
8月に入り、早々に出かけた。
期待は膨らむばかりである。

始まりは冬と同じ。
蟹味噌のルイベ。
20081959-copy.jpg

濃厚だが、すっきりと溶けてゆく。
香りだけが残る。


白イカは三日間熟成。
20081960-copy.jpg

ねっとり甘味が滲んでくる。



サザエ。
20081962-copy.jpg

「朝の7時に潜り、8時の競りにかかりました」という。
まだ7時間ぐらいしか経過していない。

ミルキーな肝の味わいに驚愕である。
これまで知っていたサザエとは別物。
身の弾力から生まれる味わいは鮮烈であった。



カワハギの肝和え。
20081963-copy.jpg

ピュアで味わいに透明感を覚える。



アジ。
20081964-copy.jpg

脂が乗っているのにすっきり。
山椒を忍ばせた醤油との相性もよし。



岩牡蠣のフライにマイクロきゅうり。
20081965-copy.jpg

岩牡蠣のフライは濃密な味わい。
塩の力でミルキーな感じも出る。



ハタハタの小丼。
20081968-copy.jpg

ハタハタの変容に驚きだ。



もずく。
20081970-copy.jpg

細いが食感は確か。



カレイの干物。
20081972-copy.jpg

骨を抜き整形。カレイの干物をかじるとは予想もしなかった。
味の厚みが全く違う。



カレイの頭。
20081973-copy.jpg

カレイが持つ塩分だけで焼き上げる。
旨みの塊と言って良いぐらいの成果。



しいたけ。
20081974-copy.jpg

4日かけて調理する。
しっとり、味の重なりを感じる。



アワビも当然のことながら朝に獲れたもの。
20081976-copy.jpg

吉田牧場のバターでソテーしたという。
歯を押し返し、次には歯が入り、濃厚な味わいに満たされる。



そこにご飯を入れると見事なアワビのリゾットの完成。
20081978-copy.jpg

これほどまで贅沢なリゾットがあったであろうか。



広島・梶谷農園の野菜。
20081979-copy.jpg

塩とオリーブオイルだけ。
野菜が生きている。



鳥取万葉牛のしゃぶしゃぶ。
20081980-copy.jpg



レタスもうまい。
20081981-copy.jpg

20081986-copy.jpg



しゃぶしゃぶといっても、鍋の中ではほとんど動かさない。
むしろ器にとり、その出汁の温度で軽く火入れをする。
20081984-copy.jpg

20081985-copy.jpg

これが爽やかな味わいとなる。
二枚はペロリであった。



魚介と昆布の出汁とフルーツのカレー。
20081987-copy.jpg

この味わいは他では再現不可能である。



玉ねぎのピクルス。
20081989-copy.jpg



ところてん
20081991-copy.jpg

きな粉に黒蜜。



「なつ吉」は噂のレベルを超えている。
また来たいと思わせる力がみなぎっている。






「かに吉」
鳥取市末広温泉町271
0857-22-7738

投稿者 geode : 2020年8月19日 10:20