« 「燕 en」 京都・八条口・日本料理 | メイン | 「monk」 京都・哲学の道・薪窯料理 »

2020年8月 3日

「ながや」 神奈川・小田原・日本料理


友人が教えてくれなければ、この店を訪れることはなかったであろう。
神奈川県小田原市早川駅前の「ながや」という小さな割烹店。

優れた料理人はどこにでも存在するものだ。

ご主人は長屋偉太さん。
東京の吉兆で仕事を覚え、その後パリの「エン」という蕎麦屋で働いたという。
「達磨」の高橋名人系列の店である「エン」には数回訪れたことがある。

そんなプロフィールを聞きながら食事が始まる。

この日は友人とカメラマンの3人でカウンターを占領。

トマトの豆腐。
20080303-copy.jpg

周りの出汁はいしかげカイと聞いた。
トマトの酸味がうまく生きている。



前菜盛り合わせが楽しい。
20080307-copy.jpg

カボチャとごぼうの揚げ物
牡蠣と雲丹
アジフライは ウスターソースとタルタル



そこからは造りにするか、寿司にするか。
他の二人は造りであったが、僕は寿司に。

小イワシは生姜とネギ
20080309-copy.jpg



ムツの炙りはねっとり濃厚
20080310-copy.jpg



アオリイカは優しい甘味
20080312-copy.jpg



みる貝はつめで
20080313-copy.jpg



いしかげカイは甘だれで
20080314-copy.jpg



メジマグロは適度な脂
20080316-copy.jpg



生しらすの軍艦巻き
20080318-copy.jpg

この地ならではの逸品。



椀ものは小田原の鱧になす。
20080319-copy.jpg

鱧の脂が乗っていた。



相州牛。
20080320-copy.jpg

この地の牛肉。ブルーチーズのソースと合わせる。
やや強い酸味が旨みと共鳴。



白えびの天ぷら。
20080322-copy.jpg

軽やかでインパクトあり。



名人仕込みの二八蕎麦。
20080324-copy.jpg

のど越しのうまさを知るに値するそばだ。



いいバランスで話題も色々と展開し、有意義な晩御飯となった。






「ながや」
小田原市早川211-2
0465-22-8765

投稿者 geode : 2020年8月 3日 10:11