« 「錦 セアブラノ神」 京都・天神山・ラーメン | メイン | 「L'AS」 東京・南青山・フランス料理 »

2020年7月29日

「天ぷら元吉」 東京・南青山・天ぷら


どんどん進化を続ける「天ぷら元吉」。
訪れるたびに新たな手法や道具が生まれているような気がする。

20072908-copy.jpg

数年前まで、日本料理の天ぷらやうなぎというカテゴリーは
そんなに大きな変革はなかったように思う。

しかし、天ぷらは静岡の「成生」を始め、新たなスタイルを模索する料理人が出現し、
にわかに興味ふかいジャンルとなった。



まずは
口を湿らせる前菜が出る。
20072909-copy.jpg



続いて空豆である。ふんわり香る青み。
20072910-copy.jpg



海老の頭は、香ばしさとサクッとした食感だ。
20072911-copy20.jpg



海老が2尾。
20072912-copy.jpg

20072913-copy.jpg

かすかに甘味が異なる。
コロモの感じも違う。続けて食べるからこそ分かること。



アスパラガス。
20072914-copy.jpg

20072915-copy.jpg

穂先と根元では味が違う。爽やかさと甘味だ。



寝かせたキスは、がっつりしたコロモの歯ごたえがあり、
キス自体のねっとりした旨みが強調される。
20072916-copy.jpg



シシトウはさっぱりした甘味が香る。
20072917-copy.jpg



水茄子が水茄子と呼ばれる所以を感じる。
20072919-copy.jpg



アワビは2時間蒸し上げてから揚げる。
20072921-copy.jpg

肝のソースの存在は大きい。
歯にヌンメリ入ってゆく食感とそれに呼応する旨みが素晴らしい。



アオリイカの耳の細切りをそうめんのように食べる。
20072922-copy.jpg

素敵な箸休めである。



タチウオにはタマネギが乗る。
20072923-copy.jpg

タマネギのほのかな苦みもいいアクセントとなる。
タチウオの世界が広がったようだ。



ミョウガの天ぷらには生のミョウガが乗る。
20072925-copy.jpg

これも「元吉」さんらしい。



鱧茄子である。下には糸瓜。
20072926-copy.jpg

賀茂茄子ならぬ鱧茄子は見事な相性を示す。



タマネギは甘さの塊だ。
20072928-copy.jpg



タマネギのピュレに胡椒。
20072929-copy.jpg

素敵なプレゼンテーション。



利尻のウニは大葉に乗せて。
20072930-copy.jpg

甘味がさらに生きる。



穴子はやはり外せない。
20072932-copy.jpg



名物 とうもろこしのミルフィーユと呼ぶのかブロック。
20072934-copy.jpg

とうもろこしの甘味を最大限に引き出すテクニック。



締めは天丼に限る、と信じている。
20072936-copy.jpg

各店によって味わいの差が面白い。



サクランボは
上が紅手毬 下が紅秀峰
20072939-copy.jpg



毎回驚くことの連続で、次が楽しみになる。






「天ぷら元吉」
東京都港区南青山3-2-4 セントラル青山NO6-BA
03-3401-0722

投稿者 geode : 2020年7月29日 10:14