« 「点邑」 京都・麩屋町三条・天ぷら | メイン | 「料理屋 まえかわ」 京都・木屋町松原・日本料理 »

2020年7月10日

「楽心」 大阪・福島・日本料理


数ヶ月ぶりに東京から知人が来阪。
昼ごはんを一緒に食べた。

大阪・福島にある「楽心」という割烹である。

カウンターの後ろの中庭があり、
壁はコンクリートなのだが墨が練りこんであるので、水がかかると黒っぽい色になる。
そこで生まれる模様が美しい。

店主・片山心太郎さんの明るさが素敵だ。
カウンターで仕事をすることの意味がわかる。

一品目はとうもろこしの料理だ。
20071023-copy.jpg

20071024-copy.jpg

上には梶の葉っぱが添えられている。
とうもろこしのピュレにかき揚げ、ゼリーはとうもろこしの芯からとった出汁。
ともろこしをふんだんに使った料理。
これはインパクトがある。


二品目は八寸
20071026-copy.jpg

ガラスの器には糸南京とじゅんさいに木の芽
のどぐろの焼き物
鶏のテリーヌ 白レーズンにくるみ
新蓮根の黄味酢
タコの柔らか煮
穴子の手まり寿司

一品ずつ季節感あふれる。



椀物
椀種は枝豆のしんじょ 三度豆と板ワカメが入る。
20071005-copy.jpg

品格ある出汁の醍醐味を味わう。
その出汁と椀種の出会いも見事。
優しいが静かに興奮が訪れる。



鱧の焼き物。
20071029-copy.jpg

上には淡雪塩がかかる。米と一緒にプレスをしているので塩味がやわい。
このまま食べても優しい塩味。
玉ねぎポン酢も添えてあり、それをつけると鱧の甘味が際立つ。



炊き合わせ
冬瓜と足赤海老。
20071030-copy.jpg

ホクホクして冬瓜に海老の旨みが乗っかる。



締めのご飯は鱧の炊き込み。
20071032-copy.jpg

これでまたテンションが上がるのだ。



デザート
牛乳と卵白のプリンにタピオカと新生姜のソルベ。
20071014-copy.jpg

これでスッキリ。



とてもバランスのいい食事であった。
そして何よりもカウンターを挟んの会話の盛り上がりと知人たちの笑顔が素敵。

これも料理の力である。






「楽心」
大阪市福島区福島1-6-14
06-6451-2323

投稿者 geode : 2020年7月10日 10:49