« 「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール」 岐阜・長良丘・フランス料理 | メイン | 「点邑」 京都・麩屋町三条・天ぷら »

2020年7月 8日

「Mia paese( ミア・パエーゼ)」 島根・浜田市・イタリア料理


この日は東京からの移動であった。
羽田から萩・石見空港、タクシーで益田駅、そこからJRで浜田駅へ。

浜田駅からタクシーで15分程度で「Mia paese」に到着する。

20070845-copy.jpg

こんな場所にと思うところにポツンとリストランテがある。
古民家を改造したという。

テーブルは6人がけ、一日昼夜1組限定である。
室内の雰囲気もじつに心地が良い。
オーナーシェフは竹中厚志さん。一人で調理からサービスまで行う。


梅雨鰯 黒オリーブ
20070854-copy.jpg

この時期の鰯は脂が乗っているという。
それをパン粉、レーズン、松の実などをくるみ焼き上げる。
脂分とほのかな甘味が食欲を目覚めさせる。



メロンソーダ
20070855-copy.jpg

中にはパンナコッタが忍ばせてあり、そこに生ハムの塩味とコクがプラスされる。
これまで味わったことのないスープとなっていた。



鯵 山葵 ライム
20070856-copy.jpg

この鯵は浜田市名産のどんちっちアジ。
一般的な鯵の脂の含有量は4%ぐらいだが、
4月から10月に獲れるどんちっちアジは10%を越え13%になる。

その脂分を生かしながら提供温度はほのかに温かく、ハーブや山葵の風味で仕上げる。
バランスが極めてよくすっと口の中でなくなり、何種かの香りが残る。



雲丹 茄子 タリオリーニ
20070859-copy.jpg

自家製麺のタリオリーニに雲丹の甘味とコクが絡む。
茄子はピュレで柔らかく繋ぐ。



浜田港甘鯛 鱗焼き
20070861-copy.jpg

鱗のカリッと焼けた食感と香ばしさにヴァンブランソースという王道の合わせは、
食べる側に安心とうまさを届ける。



奥出雲和牛 ラムシン トリュフ
20070863-copy.jpg

ラムシンという部位をロースト。赤身で歯を入れると味や香りが際立つ。
しっかりしたソースもポイントとなっており、メインの楽しさがある。



カンパリ グレープフルーツ カルダモン
20070867-copy.jpg

料理でテンションの上がった気持ちを一旦落ち着ける爽やかな一品。



バナナ キャラメル ザバイオーネ
20070868-copy.jpg

バナナが生きているデザートであった。



小菓子
ホワイトチョコレート ヘーゼルナッツのカントゥッチー二
20070870-copy.jpg



コーヒー
20070872-copy.jpg

益田市の栗栗珈琲でオリジナルブレンドを作ってもらっているとか。



器も陶芸家にイメージを伝え焼いてもらったもの。
器と料理のマッチングも素敵だ。

また仲間を誘って食べに行きたいと思った。






「Mia paese( ミア・パエーゼ)」
島根県浜田市内田町435-2
0855-26-0145

投稿者 geode : 2020年7月 8日 10:41