« 「開化亭」 岐阜・鷹見町・中華料理 | メイン | 「Mia paese( ミア・パエーゼ)」 島根・浜田市・イタリア料理 »

2020年7月 7日

「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール」 岐阜・長良丘・フランス料理


オーナーシェフは山村幸比呂さん。

おそらく山村さんの料理を初めて食べたのは
「アタント」か六本木にあった「オー・ミリュー」のはず。

それから1989年に岐阜で
「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール」というレストランを開いたのだが
その店は一旦2008年に閉店、再び2010年にレストランを再開。

移転以来初めて訪れた。ビルの5階、まるでプライベートな空間である。

メニューはお任せコースのみ。

アミューズの一皿
フォアグラのポアレと帆立貝、アスパラのサラダ
20070728-copy.jpg

一皿に二つの料理が並ぶ。
フォアグラのポアレに帆立貝、一口食べると安心感が浮き上がる。
懐かしいというよりホッとする料理。
確実にうまい。


蟹のフラン 枝豆添え
20070730-copy.jpg

蟹の香りとコクが口中で広がりをみせ、枝豆のアクセントがいい。
これも安定した味わい。



スズキのポワレ
20070731-copy.jpg

トマトベースのソース。
主菜とソースの関係を改めて確認する。
ふっと笑みがこぼれる料理だ。
付け合わせにチョリソが添えてあったりするのも楽しい。



メインは
黒毛和牛のステーキ、鴨の胸肉のロースト、仔羊のローストからチョイスだが
「うずらのコンフィ」もありますとのこと。
うずらのコンフィを選んだ。

堂々とした一皿。
20070733-copy.jpg

うすらが一羽、皿の中央に鎮座する。
それだけで迫力とシェフの意思を感じる。



ナイフで切ると、中には内臓などがしっかり詰まっている。
20070734-copy.jpg

口にに含むとフランス料理のエスプリなどが頭の中を駆け巡る。
大胆でクラシックな料理があり、そこから様々な料理が生まれてくる。
そんなことを思いながら食べることができた。
フランス料理を食べているという実感を覚える。



チーズはブルーの状態が非常にいい感じであった。
20070735-copy.jpg



フルーツとクレームキャラメル。
20070737-copy.jpg



なんとも心地の良いディナーであり、
また山村シェフの料理を食べたいと思った。






「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール」
岐阜市長良丘1-4 メゾンパール長良5F
058-215-7285

投稿者 geode : 2020年7月 7日 10:13