« 「天神町 むら田」 大阪・高槻・日本料理 | メイン | 「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール」 岐阜・長良丘・フランス料理 »

2020年7月 6日

「開化亭」 岐阜・鷹見町・中華料理


ずっと記憶に残っている中国料理店
岐阜の「開化亭」という存在。

初代の古田さんは、現在東京・銀座で予約の取れない中国料理店として盛業中。
岐阜の店は長男が継いでいる。

久しぶりの訪問であった。
1階のカウンターや厨房の様子はほとんど変わっていない。

一皿目は
トリ貝、ウリ、ピータンのミルフィーユ仕立てに胡麻ソース。
20070690-copy.jpg

重ね具合が美しい調和をもたらす。


二皿目は佛跳牆である。
20070691-copy.jpg

乾物を仕込んだスープ。
ネーミングは、そのうまさにお坊さんが塀を飛び越えてでもやってくるというもの。
漢方のような香りが漂うが旨みも強く、元気を味わっている感じだ。



三皿目はビーフンキャビア。
20070692-copy.jpg

名物である。キャビアの塩分とコクでビーフンが化ける。
ビーフンでないと味わえない食感である。
傑作だ。



四皿前は鮎の春巻き。
20070694-copy.jpg

これもまたシグネチャーメニュー。
初めてこれを食べたのは10年以上も前のことだ。
鮎の塩焼きに匹敵する味わい。



五皿目はフカヒレのステーキ。
20070697-copy.jpg

これも先駆けである。
上湯にアスパラガスの香りが染み入り、またオリジナリティが高まった。



六皿目は岩ガキの四川風。
20070698-copy.jpg

四川の辛味2種と牡蠣の苦味はいいバランスで饗宴。



七皿目はわらで香りをつけた肉に黒トリュフ。
20070699-copy.jpg

締めはガツンとインパクトあり。



八皿目は麻婆豆腐。
20070602-copy.jpg

辛味は調整可能。



デザートは
凍頂烏龍茶のシャーベット。
20070603-copy.jpg



杏仁豆腐。
20070604-copy.jpg



初代の味をきちんと守りながら、2代目の個性が現れつつある。
また訪れるのが楽しみとなった。






「開化亭」
岐阜市鷹見町25-2
058-264-5811

投稿者 geode : 2020年7月 6日 10:21