« 「ヴェーナ」 京都・夷川室町・イタリア料理 | メイン | 「開化亭」 岐阜・鷹見町・中華料理 »

2020年7月 3日

「天神町 むら田」 大阪・高槻・日本料理


ご主人の村田啓さんは
「露庵菊乃井」「鮨む田」「柏屋」で修業を積んだ料理人である。
お店の建築デザインは木島徹さん。

JR高槻駅から徒歩5分ほどで「天神町 むら田」につく。
店内は白木を巧みに生かし、凛とした空気が漂う。

献立 全体の主題は「青うめ」であった。

先付は
長芋羹 生海胆 蓴菜 山葵 割り醤油
20070396-copy.jpg

水無月という季節を感じる始まりであった。
蓴菜の味わいが印象的。


椀は
鱧葛叩き 胡麻豆腐 青芋茎 梅肉 柚子
20070398-copy.jpg

胡麻豆腐の主張がおとなしく、鱧との共存が見事に成立している。
食感と出汁の旨味がポイントだと思った。



造りは
まずイカと白身
20070300-copy.jpg

イカのねっとりした甘味がうれしい。



カツオ
20070302-copy.jpg

20070303-copy.jpg

皮目は炙り香ばしさを醸す。
身は爽やかである。



八寸は
鴨ロース 車海老旨煮 丸十甘煮 とうもろこし衣揚げ 青唐焼浸し
金時草浸し 三度豆と椎茸の胡麻和え
20070305-copy.jpg

20070307-copy.jpg

水無月の印・茅の輪で季節感を添える。
この八寸は村田さんの思いが詰まっている。
しみじみ味わい深い。



焼物は
鮎塩焼き たで酢
20070310-copy.jpg

鮎は、この姿もご馳走の一つだ。
頭は揚げたようにカリッと、身はふんわり、尻尾はサクッと
という3種の食感と味わいを感じる。



炊き合わせは
賀茂茄子揚煮 枝豆ひろうす モロッコいんげん 新生姜
20070312-copy.jpg

それぞれの野菜や、枝豆感が素敵なひろうすの味など
出汁の味わいが丸くなり、炊き合わせの楽しみを感じる。



食事は
鰻と茗荷の炊き込みご飯。
20070313-copy.jpg

20070314-copy.jpg

鰻の脂分が生み出すコクで旨みを感じ、
茗荷のシャキシャキ感がいいアクセントに。



菓子
青梅のシャーベット
20070315-copy.jpg

スッキリした気分で、それまでの興奮を少し緩める。



抹茶
20070316-copy.jpg

これでピリオドという印。



料理には初々しさがあり、
ここからいかに変化するのか楽しみな一軒である。






「天神町 むら田」
高槻市天神町1-8-14 HAビル1F
072-686-1026

投稿者 geode : 2020年7月 3日 10:12