« 「ディーバ」 大阪・天満・フランス料理 | メイン | 「吾一」 大阪・肥後橋・焼き鳥 »

2020年6月25日

「ラトリエ・ド・ギニョール・エ・マデロン」 大阪・西天満・フランス料理


豪快な料理を食べた。
「あまから手帖」で古典派フランス料理の騎手として取り上げた料理人である。
いつも古典を念頭に置きながら料理を作る。

20062580-copy.jpg

20062581-copy.jpg

昨日のコラムに登場した「ディーバ」の中尾シェフとご一緒した。
シェフも気に入り「今度はランチに来ます」と挨拶をした。



ここはランチもディナーも同じメニュー。

南森町界隈はランチ激戦区だ。
そんな中、一人で厨房をあずかる料理人にとって
ランチの渦に巻き込まれるのは得策ではない、と判断をしたのであろう。

基本は二皿構成。そこにスープをつけてもらう。

前菜はフォアグラのテリーヌ。
20062570-copy.jpg

フォアグラの食べ方としてはかなりの優れもの。
ブリオッシュがつき、これもうれしい。
ねっとり感と口中温度で溶け出す具合なども素晴らしい。
ボリュームもたっぷりだ。
テンションが高くなる。



スープはグリンピースのポタージュ。
20062571-copy.jpg

濃度があるのに淡雪のような感じがすごい。
満足度高し。



つい食べ過ぎてしまうパン。
20062572-copy.jpg



主菜は牛タンの赤ワイン煮込み。
20062574-copy.jpg

牛タンに赤ワインの味がしっかり入り、心が動く。
フランス料理の基本、煮込みの美学が貫き通される。



デザートは、モンブラン。
20062577-copy.jpg

パイナップルのムースが仕込んであり、甘酸っぱい香りがする。
バシュランのサクッとした感覚もいい。

イチゴのエクレアは生地とのバランス良し。
ピスタチオのアイスクリームもボリュームあり。
デザートでも攻めてくる。



若き頼もしいシェフの料理が楽しい。






「ラトリエ・ド・ギニョール・エ・マデロン」
大阪市北区西天満3-6-27 シャトー南森町 2F
06-6809-7415

投稿者 geode : 2020年6月25日 10:47