« 「肉専科 はふう本店」 京都・麩屋町夷川・洋食 | メイン | 「CAINOYA」 京都・四条河原町・イノベーション »

2020年6月19日

「翁樹庵」 京都・柳馬場三条上る・ステーキ


京都寺町三条の「三嶋亭」は京都を代表する精肉店であり、すき焼き店でもある。

その「三嶋亭」が炭焼きステーキの店を開いたという情報を得て2年ほど経つ。
伺いたいと思いつつ時が流れ、ようやく先日その暖簾をくぐった。

古い町家を使った店舗。
まるで知り合いのお宅にお邪魔した感じ。
靴を脱ぎ、和室に通される。テーブル席だ。
ゆったりした空間で、どこか落ち着いた感じがする。

口を湿らすために昆布茶が出た。
20061922-copy.jpg

これもなんだかホッとする。


食前酒は「伊根満開」。
20061923-copy.jpg



前菜。
フォアグラのテリーヌと大原野菜。
20061926-copy.jpg

フォアグラのテリーヌにはコンソメジュレ
ビーツやコールラビ、カリフラワーなど各種野菜が並ぶ。
定番メニューでありながら、和の匂いがする。



クレープ。
20061928-copy.jpg

上にはバナナのムース。
ムースにズッキーニの花をつけるとまたよし。
中に入ったフォアグラとの組み合わせもピタリであった。



グリンピースのスープ おかひじき添え。
20061930-copy.jpg

豆の優しい甘味や香りがぐっと食欲を刺激する。



鮎。
20061932-copy.jpg

20061933-copy.jpg

きれいに焼けた鮎にはバルサミコ酢を使ったタレがピタリと収まる。



グラニテでさっぱり。
20061935-copy.jpg



メインのステーキは黒毛和牛フィレ肉 大分産。
20061937-copy.jpg

牛肉を焼くように設えられた炭火の窯で仕上げられたフィレ肉。
ぷっくりと膨れ、その心地の良い弾力から弾ける味わいはさすがである。
野菜や黒トリュフも贅沢なあしらい。
堂々としたステーキとなった。



炊きたての木の芽と生姜のご飯。
20061941-copy.jpg

20061944-copy.jpg

舌が喜ぶご飯である。



マンゴーのゼリー寄せ。
20061946-copy.jpg



バレンシアオレンジとナッツのチョコレート。
20061947-copy.jpg



食後のドリンクはチョイス。僕は抹茶とした。
20061948-copy.jpg



和室で食べる雰囲気とサーブされる料理のクオリティの高さに感動を覚えた。






「翁樹庵」
京都市中京区柳之馬場通三条上る油屋町87
075-222-0017

投稿者 geode : 2020年6月19日 10:41