« 「くいしんぼー山中」 京都・桂・ステーキ | メイン | 「GOJODO-五條堂」 大阪・東大阪・和菓子 »

2020年6月 4日

「にしぶち飯店」 京都・東山・中国料理


京都の「にしぶち飯店」。

「祇園さゝ木」での経験が活き、適度な和の要素が入っている。
定番シグネチャーメニューと季節の料理のバランスも見事だ。

20060476-copy.jpg



この日のカウンターには男性4名、女性6名、女性2名が2組。
各組みの盛り上がりがすごかった。
これも料理のなせる技かもしれない。

始まりは蒸しアワビだ。
20060477-copy.jpg

中国料理の十八番である蒸しの技術に中華のスープととろみが絡む。
素敵な融合が始まった。



白イカとムラサキ雲丹の出会いも同様の感動を与える。
20060478-copy.jpg

鮮度の良い白イカに施す包丁の切れは日本料理の卓越した技。
雲丹を添える発想も同じくだ。
だが、全体を支配するテイストは中国の香りがする。



そして定番。
手羽先にツバメの巣。
チャーシューにはブルーチーズ。
20060482-copy.jpg

手羽先にツバメの巣という高級食材を合わせる。
チャーシューの甘味にブルーチーズが殊の外寄り添う。



焼きフカヒレに上湯。
20060484-copy.jpg

かつて岐阜の「開化亭」で生まれたフカヒレのステーキが
様々な料理店で変化と進化を遂げている。
それを想起させるが、
上湯の味わいととろみでオリジナルな一品に仕上がっているのだ。



甘鯛と稚鮎の唐揚げに油淋鶏ソース。
20060485-copy.jpg

ソースが優しく、刺激的なインパクトではなく、
それぞれの魚をゆったりと包み込んでくれる。



牛肉と賀茂茄子のピリ辛鍋。
20060488-copy.jpg

テンションがぐっと上がる。
この組み合わせも素敵だ。



フカヒレあんかけ炒飯。
20060491-copy.jpg

贅沢な締めとなる。



デザートはマンゴープリン、杏仁味のアイスクリームにマンゴーのかき氷。
20060464-copy.jpg

ありそうでなかなかなかったデザートで大満足。



常に前進している感じを強く受けた。






「にしぶち飯店」
京都市東山区上弁天町444-2
075-561-1650

投稿者 geode : 2020年6月 4日 10:35