« 「L'eclat(レクラ)」 京都・竹屋町衣棚・洋食 | メイン | 「祇園楽味」 京都・祇園・日本料理 »

2020年4月13日

「丹 tan」 京都・東山三条・日本料理


京都三条通り白川橋ほとりにある「丹」。
和久傳系列の店である。

通常は朝食と昼食の営業が中心、夜は予約スタイル。
「丹」は「小さな真心」という意味があり、
また「丹後のいいものを伝えたい」という気持ちが込められたネーミングである。

そんな「丹」がテイクアウトの「お野菜弁当」を始めた。
シンプルなパッケージに入っている。
20041383-copy.gif

20041392-copy.gif

開けるとおかずとご飯。
一瞬、可愛いなという印象、そして足りるかなと正直思った。


少しずつ食べてゆく。
おかずは次の通り。

独活のきんぴら
丹後の蒸し野菜 
菜味噌
蕗の煮浸し
酢取茗荷
蓮根・蕗の薹・コゴミの天ぷら
酢橘
小芋の唐揚げの胡麻和え
春キャベツの酢味噌和え
ずんだ和え
竹の子の含め煮
空豆の蜜煮
小梅

紫蘇の実ご飯
柴漬け
20041394-copy.gif

このバリエーションの豊かさ、そしてそれぞれの味付けの確かさ。
何と言っても全体のバランスの良さは見事で秀逸であった。

小芋の唐揚げの胡麻和えを口に含んだ時の感動。
調理技術がしっかりしているからこそ可能なのだと思った。

じつは最初に少し心配したボリュームだが、
その満腹感、満足感に大いなる訂正をしたのであった。
2500円。






「丹 tan」
京都市東山区五軒町106-13 三条通り白川橋下ル東側
075-533-7744

投稿者 geode : 2020年4月13日 10:42