« 「hiro」 岐阜・鷹見町・中国料理 | メイン | 「河久」  京都・木屋町御池下ル・日本料理 »

2020年4月 7日

「つろく」 京都・二条高倉・日本料理


「つろく」という言葉に久々に出会った。

『いくらいい素材を旨く食べさせるにしても、
 その価がそれにつろくするのではなければ、
 大阪の舌とふところは承知しないのである』
 
 と、大阪の文人・長谷川幸延さんが記している。

「つろく」は大阪の言葉だと思っていたが、色々聞いてみるとどうやら京言葉のようだ。
釣り合いが取れていること。という意味である。

そんな店名をつけた日本料理の店が3月初旬に開店した。
二条高倉の路地を入ったことろ。
いまの時代、確かに「つろく」という意味合いを考える時かもしれない。

前菜が2種
トマトに出汁のゼリーかけ
20040776-copy.jpg


海老のしんじょの揚げ出し
20040777-copy.jpg

この二品で、「つろく」の世界に入ってゆく。



あとはアラカルトで注文する。

山菜の胡麻和え。
20040778-copy.jpg

ごまの風味が立つ。



ポテトサラダつろく風。これは気になる。
なんとも温泉卵に生へしこである。
20040779-copy.jpg

20040780-copy.jpg

へしこの塩分で食べる。



筍の天ぷら。
20040781-copy.jpg

木の芽酢と塩で食べる。



豆腐の煮えばな。
20040782-copy.jpg

豆乳ににがりを打ち、土鍋で仕上げる。
汲み上げ湯葉の直前のような感じ。
大豆の香りが甘い。



角煮つろく風。これも土鍋で炊く。
20040783-copy.jpg

ポテトをプラスすることで様子が変わる。



造りの魚は寿司も可能。
20040784-copy.jpg

鯛とアジを握ってもらう。



〆さばに生姜を入れ巻いてもらう。
20040785-copy.jpg

この組み合わせは素敵であった。



色々頼めるありがたい一軒。

献立の中から発送可能なものもあり。






「つろく」
京都市中京区松屋町51
075-275-3926

投稿者 geode : 2020年4月 7日 10:09