« 「パーラー大箸」 東京・渋谷・洋食 | メイン | 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 »

2020年3月30日

「くろぎ」 東京・芝大門・日本料理


勢いのある日本料理店。

店主の黒木さんのイズムが満ち溢れている。
カウンターの中から、その熱気が伝わってくる。
昼食に伺ったが満席状態。

カウンターの上に筍、春キャベツ、蛤がどんと並ぶ。
20033008-copy.jpg

気分が高まる。
どんな姿になるのだろうと思いを巡らす。


始まりはこのわたの飯蒸し。
20033010-copy.jpg

テンション上がる献立だ。
日本人が好きな味わい。



氷見の蛍烏賊。
20033011-copy.jpg

季節の贈り物。
爽やかさと濃厚さが同居する。



半田そうめんにふきのとうの天かす。
20033012-copy.jpg

ウニにキャビア。
攻める攻める。受け止めながら高揚感を味わう。



椀は、蛤、キャベツにハマボウフウ。
20033013-copy.jpg

蛤のコクとキャベツの甘味が生きる出汁。
気持ちが豊かになる。



勝浦のマグロ。
20033009-copy.jpg

20033014-copy.jpg

脂のノリが半端ではない。



春の八寸は弁当箱で。
上にはバチコの天ぷらが乗っている。
20033018-copy.jpg

開けると筍、イカの木の芽味噌など
春の香りを楽しむ。



マグロの赤身はミョウガ、胡麻などとあえる。
20033021-copy.jpg

味わいの変化が楽しめる。



造りは馬刺し、イカと卵。
20033022-copy.jpg

馬刺しは生姜醤油。
イカと卵はわさび醤油。



このモロコの凄さ。
20033023-copy.jpg

関西人には驚くべき光景。



塩焼き。
20033024-copy.jpg

繊細でありながら味の深みはさすが。



龍の瞳という米。
20033025-copy.jpg

甘味と香りがいい。



白いご飯におかずは牛肉。
20033028-copy.jpg



筍ご飯。
20033029-copy.jpg

20033030-copy.jpg



蛍烏賊と生姜のご飯。
20033031-copy.jpg

三つともペロリと食べる。
大満足である。



本わらび餅とお薄で締める。
20033032-copy.jpg



メリハリがあって楽しめる昼食であった






「くろぎ」
東京都港区芝公園1-7-10
03-6452-9039

投稿者 geode : 2020年3月30日 10:15