« 「とんこつ家」 茨城・ひたちなか市・ラーメン店 | メイン | 「Kotaro Hasegawa Downtown cuisine」 東京・御徒町・フランス料理 »

2020年2月28日

「ラ・ルッチョラ」 大阪・福島・イタリア料理


大阪・福島の人気店「ラ・ルッチョラ」が移転してしばらく経つ。
建築デザインは木島徹さん。人気の建築家である。

外観はシンプルそのもの。
中に入るとキッチンの道具がなければ和食の佇まい。
木島さんのテイストが随所に光る。

その中でシェフ鈴木浩治さんは、料理を作る、喋る、スタッフに指示をだす。
流れに全く無駄はなく、あたかも自然体のように見えるのがすごい。

前菜は、ブルスケッタ。
20022874-copy.jpg

マスカルポーネにキャビア。キャビアの塩分とコクで料理への誘い。


続く前菜は、フグのカルパッチョ。
20022875-copy.jpg

3日間寝かして身が馴染んだところに白子のソース。
胃袋が素直に反応する。



次なる前菜はブッラータ。
20022877-copy.jpg

ブッラータはフレッシュチーズ。水牛のチーズの中に生クリームが忍ぶ。
マスカットやピスタチオ、オレンジはちみつで食べる。
爽やかさとコクがいい具合で混じり合う。



バーニャカウダ。
20022879-copy.jpg

ソースの塩梅がシェフらしい、濃厚かつ優しい。
野菜の滋味が生きる。



パンは香ばしい。
20022880-copy.jpg



フランスビゴール豚のつくね。
20022882-copy.jpg

分厚い味わいにパスタとソースが絡む。
可愛いボリュームもここならでは。



的矢の牡蠣のスパゲッティ。
20022883-copy.jpg

牡蠣のほろ苦さとソースの乳化が素敵で、あっという間に食べてしまう。



弾力のあるクエは3日間寝かせたもの。
20022885-copy.jpg

サルサベルデという古典的なソースを合わせる。
苦味とコクがクエに負けない力を持つ。



近江牛のイチボ。
20022886-copy.jpg

菊芋のピュレとフライの存在が大きいが、
やはりイチボの香りと味わいがあってこそと感じる。



ティラミスとパンナコッタの饗宴。
20022888-copy.jpg

二つの合わせ技に嬉しくなる。



エスプレッソで締める。
20022890-copy.jpg



1時間半強で食事は終了。
楽しく時間は過ぎていった。






「ラ・ルッチョラ」
大阪市福島区福島5-7-3
06-6458-0199

投稿者 geode : 2020年2月28日 10:49