« 「炭焼きむら」 京都・北大路下鴨・炭焼き | メイン | 「煮干しそば 藍」 京都・神宮丸太町・ラーメン »

2020年2月17日

「一碗水」 大阪・堺筋本町・中華料理


南茂雄さんの料理に触れると、
一皿ごとの集中力と凝縮された味わいに感動が湧き上がってくる。

昨年末に続いて1月にも訪れた。

天然の芝海老が登場した。
20021784-copy.jpg

さっと揚げた状態だが、ネギと生姜と塩で食べると
香ばしさと甘味が生まれる。
意外なスタートであった。


ワカサギの甘露煮。
20021786-copy.jpg

出汁の含ませ方が素敵だ。



春巻。これは立春の行事食とのこと。
20021788-copy.jpg

筍とふきのとう。まさに春を告げる香りと味わい。



上海蟹の身が椀種である。
20021791-copy.jpg

スープは清湯。
スキッとした味わいに上海蟹が踊る。



卵白と上海蟹。
20021792-copy.jpg

味噌と卵が縦横無尽に活躍する。



百合根と上海蟹。
20021795-copy.jpg

髪菜と呼ぼれる中国の藻の一種。
濃厚なスープとともにいただく。



上海蟹を使った麻婆豆腐。
20021796-copy.jpg

上品かつ辛さの調整がよくきいている。
南さんならではの仕事である。



白ご飯は必要である。
20021797-copy.jpg



イノシシのバラ肉にチヂミほうれん草。
20021700-copy.jpg

脂身の柔らかな甘味が素敵だ。



アンコウを使った酸辣湯麺。
20021703-copy.jpg

アンコウのエキスと辛さ、酸味が見事な調和をみせる。



デザートは金柑のコンポートに大納言小豆。
20021705-copy.jpg

秀逸である。



今回も、南さんの意思の強さを感じたのであった。






「一碗水」
大阪市中央区安土町1-4-5 大阪屋本町ビル 1F
06-6263-5190

投稿者 geode : 2020年2月17日 10:19