« 「珈琲山居」 京都・北大路・珈琲 | メイン | 「美山荘 その1」 京都・花背・宿 »

2020年1月24日

「富小路 やま岸」 京都・富小路六角・日本料理


主人の山岸さんの全力投球が、食べ手の心を揺るがす。
1日3回転、予約がずっと詰まっている。

山岸さんのパワーを改めて感じたのであった。
12月の記録。

お迎えの清酒。
20012478-copy.jpg

向こうにあるのは手を温めるための器。



粕汁。
20012482-copy.jpg

ほっこり。寒い冬には嬉しい。



香箱蟹の飯蒸し。
20012485-copy.jpg

身体がどんどん温まる。



柚子釜。蕪蒸し。月光百合根のコクが印象に残る。
20012486-copy.jpg

たらの白子、なめこ、ばちこ、ウニなどが入る。



朝にとれた本モロコ。
20012488-copy.jpg

今では貴重な食材。苦味とうまみのバランスがすごい。



フグの白子の酒蒸し。
20012491-copy.jpg

とろり贅沢。



椀物は伊勢海老に海老芋。
20012496-copy.jpg

井戸水だけで余分な味付けなし。
この潔さが料理の力となる。



まよいカツオ。
20012497-copy.jpg

複雑で濃密な味わいには感動を覚える。



丹波の丸大根は井戸水だけで炊く。
20012403-copy.jpg

「これで十分旨みが出るのです」と。
上にカラスミ。完結の味わいに驚くことしきり。



焼きガニである。
20012407-copy.jpg

20012409-copy.jpg

素直に喜ぶ味わい。



甲羅焼きには白ネギ。
20012412-copy.jpg

うっとりするのであった。



サバ寿司が並ぶ姿は圧巻。
20012414-copy.jpg



海苔を巻いて食べると唸る。
20012415-copy.jpg



名物のウニ。
20012416-copy.jpg

定番だが、これが現れると再びテンションが上がる。



真鴨と九条ネギの椀物。
20012418-copy.jpg

がっつり胃袋を掴む。



炊きたての煮えばな。
20012420-copy.jpg

甘さが溢れている。



ご飯のお供がうれしい。
20012421-copy.jpg



洋梨のすり流し。
20012422-copy.jpg



焼きれんこん餅。
20012424-copy.jpg



抹茶で締める。
20012425-copy.jpg



流れに起伏があり、人気が出るのは当然だと思う。






「富小路 やま岸」
京都市中京区富小路通六角下る骨屋之町560
075-708-7865

投稿者 geode : 2020年1月24日 10:29