« 「てんぷら永春」 京都・堺町二条上る・天ぷら | メイン | 「グリル樹林亭」 大阪・西天満・洋食 »

2020年1月21日

「ひとくち」 大阪・西天満・日本料理


「ほっこりしますな」とお互い言葉を交わした。

ラジオの番組収録が終わった午後8時頃のこと。
久しぶりに訪れた「ひとくち」のカウンター。

前にはおでんと土手焼きの鍋がある。
番組で話し足らなかったことなどを話す。

まずは土手焼き。
味噌で煮込まれたこんにゃくと和牛スジ。
20012172-copy.jpg

「これは家庭では難しい味付けですね」
牛スジの脂分と味噌の出会いには胃袋が喜ぶ。


おでんは大根。
20012175-copy.jpg

たっぷり出汁の染み込んだ大根の味わい深さ。
七味の刺激は甘味を引き出す。



カキフライ。
20012177-copy.jpg

ぷっくり膨らんだ感じが食欲を満たす。
タルタルソース、ソース、そのミックスと三種の楽しみがある。
レモンだけというのもいい。



おでん じゃがいもとシュウマイ。
20012179-copy.jpg

ジャガイモのほっこり感。シュウマイは出汁で温められ、味の深みが生まれる。



若鶏の唐揚げ。
20012180-copy.jpg

衣にも味を施す。
鶏のジューシィーさがポイント。
マヨネーズも合うのだ。



豚の角煮で締める。
20012181-copy.jpg

濃厚な味付けだが、スッキリした余韻が残る。



カウンターで男性二人、じっくり話をしながら食事が続く。
優しい味わいと安心感がずっと続く。

2代目ご夫婦が、守り続けるこの空気感の素晴らしさもこの「ひとくち」の魅力でもある。






「ひとくち」
大阪市北区西天満4-5-25
06-6361-9048

投稿者 geode : 2020年1月21日 10:47