« 「アッサンブラージュ・カキモト」 京都・竹屋町寺町・パティスリー | メイン | 「てんぷら永春」 京都・堺町二条上る・天ぷら »

2020年1月17日

「室町 和久傳」 京都・堺町三条・日本料理


1月2日は恒例の新春食事会。
親しい仲間が集まり会食となる。

京都で2日に開いている店を探すのが僕の役割である。
令和2年は、堺町御池下ルの「室町 和久傳」となった。
二階の個室、10名の宴会である。

お福茶でのお迎え。
20011721-copy.jpg

気分新たになる。


先附
20011723-copy.jpg

ふく 白子酒 あられゆず このわた 半張り と書いてある。
この季節らしい素材がうまく使われ、身体も温まる。茶碗蒸しのイメージだ。



八寸
黒豆 たたき牛蒡 鯛の子寄せ 帆立酒煮 田作りごま和え 子持ち昆布
20011724-copy.jpg

まさに新年を祝うにふさわしい献立。
ふっと気持ちが和む。



椀物
雪中筍 かぶら 蛤
20011727-copy.jpg

淡い出汁の味わいが蛤を口に含んだ途端に変わる。
これが椀の醍醐味だと思う。
椀種の味わいの変化を楽しむ。かぶらが甘い。



向附
ぐぢ 冷し かぶら蒸し煎酒
20011729-copy.jpg

ぐぢとかぶらのマリアージュを感じる。



寒鰤
20011732-copy.jpg

これが鰤の本領かと思う上品な脂の溶け方。
あっというまに食べてしまう。



焼物
唐墨もち
20011736-copy.jpg

20011738-copy.jpg

「和久傳」の十八番である。
バランスの妙で笑顔になる味わい。



ふぐ炭火焼
20011740-copy.jpg

20011743-copy.jpg

20011744-copy.jpg

身と皮を素敵な按分で焼いてもらう。
パンチのある味は舌を興奮させる。



まながつおの白酒焼き
20011749-copy.jpg

焼物が続くが様子の違いがわかり嬉しい並びだ。



なべ
熊の白味噌なべ えびいも ふきのとう 芹
20011750-copy.jpg

20011754-copy.jpg

熊はご馳走だ。脂身の甘味がたまらない。
ふきのとうの適度な苦味もいいアクセントだ。
えびいものほっこり感も素敵だ。



食事
和久傳米 はたはた じゃこ
20011759-copy.jpg

ご飯もしっかり食べる。
はたはたの旨味。



水物
アテモヤ
20011763-copy.jpg

表がお釈迦様の頭に似ている釈迦頭とチェリモヤを掛け合わせ完成した果物。
濃厚な甘さにレモンを絞るとちょうどいい感じになる。



かし
20011767-copy.jpg

百合根あんに干し柿、杏を鋳込んだもの。
締めは抹茶。



新春から気持ちが豊かになる食事であった。
日本の料理の在りようを感じる。






「室町 和久傳」
京都市中京区堺町姉小路上ル丸木材木町679
075-223-3200

投稿者 geode : 2020年1月17日 10:57