« 「鮨 原正」大阪・上之宮町・鮨 | メイン | 「アッサンブラージュ・カキモト」 京都・竹屋町寺町・パティスリー »

2020年1月15日

「蕎麦 ろうじな」 京都・夷川・蕎麦 


夜の蕎麦屋。
ここは酒を飲むところという印象が次第に浸透してきた。

関東はそのようなイメージがあったが、
関西でもようやくそのような使い方をする人たちが増え、その需要に応える蕎麦屋も多くなった。
「蕎麦 ろうじな」もその一軒だ。

あてが三品出てきた。
左から穴子の煮こごり、鴨ろうす、じゃこ万願寺。
20011552-copy.jpg

まさにどれも酒を呼ぶラインナップである。


かもみそきゅうり
20011554-copy.jpg



蕎麦がきが好みだ。
20011556-copy.jpg

カウンターの向こうで、コーヒーミルを使って蕎麦の実を挽いていた。
「蕎麦がきはこれで挽くのがちょうどいいのです」とのこと。

蕎麦がきのプチっと当たる食感は、このコーヒーミルから生まれたのだと知ったのである。
色々なアプローチがあると思った。



海老と季節の野菜の天ぷら。
20011558-copy.jpg

蕎麦には天ぷらが合うと信じている。
適度な脂分が蕎麦の味といい相性を醸し出すのだ。



だし巻きも蕎麦屋では必須のアイテム。
20011560-copy.jpg




粗挽き蕎麦。
20011562-copy.jpg

香りを存分に楽しむ。
歯ごたえと喉越しの荒々しさが素敵だ。
蕎麦が野生の賜物だということを知る。



同行者は梅おろしである。
20011563-copy.jpg

見るからにうまそうだ。



僕は二枚目が十割蕎麦。
20011564-copy.jpg

麗しい感じがする。
喉越しを感じるのは打ち手の技術である。



嬉しい蕎麦屋である。






「蕎麦 ろうじな」
京都市中京区夷川通寺町西入ル北側
075-286-9242

投稿者 geode : 2020年1月15日 10:56