« 「CURRY PLANT」 京都・四条新町・カレー専門店 | メイン | 「日本料理 子孫」 兵庫・甲陽園・日本料理 »

2019年12月25日

「月泉」 大阪・西天満・中国料理


勢いのある中華料理店。
カウンター、テーブル、楕円卓がある。
テーブル6名の会食。

カウンターには知り合いの家族がいた。
食いしん坊はどこかで繋がっている。

ここは刺激的な前菜数品から始まる。
テンションが上がる。

イベリコ豚の舌 ピスタチオのピュレ 紹興酒漬け
19122547-copy.jpg


タコの山椒和え、ピリッとインパクトあり。
19122548-copy.jpg



上海蟹の雌、紹興酒漬け、間違いない味だ。
19122549-copy.jpg



鶏皮せんべい 海老の旨みをプラス。
19122550-copy.jpg



ピータン豆腐に桜エビ。
19122551-copy.jpg



よだれ鶏。
19122552-copy.jpg



大根餅ならぬ白菜餅にあん肝と菊花。
19122553-copy.jpg

一気に「月泉」の世界に持っていかれる。



空心菜の塩炒め。
19122555-copy.jpg

ここで野菜を出し、一旦気分を落ち着かせる。
いいバランスだ。



セコガニにはトロトロ卵。
19122557-copy.jpg

19122558-copy.jpg

19122560-copy.jpg

19122561-copy.jpg

二つを合わせると蟹玉の出来上がり。
よく知ったメニューだが、食べると感激の度合いは大きい。
この発想には一本取られた。



名物黒酢の酢豚。
19122562-copy.jpg

19122563-copy.jpg

迫力と潔さ。
これを食べないと「月泉」に来た気持ちが晴れないというぐらいの一品。



青椒肉絲。
19122564-copy.jpg

19122565-copy.jpg

ピーマンと牛肉の炒め物だが、このように分解と再構築できる。
構成要素をきちんと理解できているから可能となるのだ。



麻婆豆腐には雲子入り。
19122566-copy.jpg

19122568-copy.jpg

とろみとコクがより鮮烈になる。
白ご飯が必須だ。



締めにスッキリ麺。
19122570-copy.jpg



種々のチャレンジが興味深い。






「月泉」
大阪市北区西天満1-6-4
06-6366-0055

投稿者 geode : 2019年12月25日 10:10