« 「萬樹亭」 大阪・福島・焼肉 | メイン | 「レスピラシオン」 石川・金沢市・スペイン料理 »

2019年12月16日

「一碗水」 大阪・堺筋本町・中華料理


今年も食べることができた。
「一碗水」の上海蟹コース。

19121602-copy.jpg

19121604-copy.jpg

健啖家が集まった。
目の前に上海蟹が並ぶ。この姿を見るだけでテンションが上がる。


全ての料理に上海蟹が入る。
まずは、脚肉とフカヒレ、モヤシ。
19121605-copy.jpg

スタートから凝縮した味わいを感じる。



胴の部分を使った豆腐は揚げ出しに。
19121607-copy.jpg

上に軽く塩をふる。柔らかな塩味と蟹の風味が踊る。



酔っ払い蟹である。生かした状態から二日間漬ける。
19121609-copy.jpg

紹興酒の深みと蟹の味噌、身の味わいが微妙に混じる。
これはクセになりそうな味だ。



続いては温かな紹興酒ツケである。
19121611-copy.jpg

19121612-copy.jpg

仕上げにコワントロー(オレンジのリキュール)をふる。
味噌の甘味と、紹興酒・コワントロー連合の麗しき姿だ。



豚肉団子に胴体の身が入る。
19121614-copy.jpg

豚のコクが溶け込んだ清湯で食べる。
贅沢な一品である。



オスの蟹の爪のフライ。
19121616-copy.jpg

腕の肉にホタテのすり身、おこげなどが入る。
ソースとして見事な役割を果たす白菜などの野菜にエールを送りたい。



オスの白子のオーブン焼き。
19121619-copy.jpg

これには参った。白子の本領発揮という感じ。
口の中で溶けてゆく愉悦である。



そして上海蟹雌雄食べ比べ。
19121621-copy.jpg

白子と味噌、卵の饗宴には唸ってしまう。



自家製春雨(大判)には卵と味噌が絡む。
19121624-copy.jpg

つるりと口に入りながらも余韻は相当に長い。



締めのご飯は焼きガニをいかす。
19121625-copy.jpg

19121627-copy.jpg

ここに蟹味の茶碗蒸しをかける。
締めにふさわしい蟹ご飯である。



デザートも蟹の味わいにバター、りんご、金華ハムをプラス。
19121632-copy.jpg

どこまでも上海蟹は続く。



上海蟹をあますところなく、感激のメニューであった。
また来年も開催されることを切に希望する。






「一碗水」
大阪市中央区安土町1-4-5 大阪屋本町ビル 1F
06-6263-5190

投稿者 geode : 2019年12月16日 10:54