« 「ルイーズ」 大阪・本町・フランス料理 | メイン | 「SHÓKUDŌ YArn」 石川・小松・イノベイティブ »

2019年12月 5日

「ジュンジーノ」 大阪・西天満・イタリア料理


八島淳次シェフが還ってきた。
御堂筋に面したビルの地階、それもカウンターメインの店だ。
お客さんの食べる速度、ワインの進み具合に自ら直に接し、その反応を確かめながら料理を作る。
思えば、八島さんにとって最適なスタイルなのかもしれない。

グリッシーニ。
1130787-copy.jpg

繊細かつ印象深い。サイズと細さに驚く。



たこ焼き登場。
1130788-copy.jpg

たこ焼き器で調理される。
中身はホタテ、オマール、ポルチーニ。
生地はクレープの生地。これでシェフとの距離が一気に近くなる。



パンは水分が少ない。
1130789-copy.jpg




真鱈にインカのめざめ、ドライポルチーニ、白子にバルサミコ酢。
1130791-copy.jpg

八島さんらしい味わいの構成。



アカザ海老にはハナビラ茸
スプマンテのソース。
1130794-copy.jpg

海老の甘みとコクが生きる。



「最後のポルチーニです」とのこと。
1130795-copy.jpg




手打ちのタヤリン。
1130796-copy.jpg

八島さんの手打ちパスタは鉄板メニューだ。



ポルチーニと甲殻類のソースで食べるタヤリン。
1130798-copy.jpg

タヤリンの弾力とソースの絡み具合に身体が反応する。
おお、八島ワールド全開である。
これを食べると八島シェフのレストランの記憶が蘇ってくる。



メインはイノシシ。
1130800-copy.jpg

これもまたジビエの八島シェフの世界。
イノシシは非常に優しい味わい。
洗練されたジビエを堪能した。



マスカルポーネとピスタチオのソルベ
オレンジとオリーブオイルなど。
1130802-copy.jpg

1130803-copy.jpg



八島シェフの新たなスタイルに拍手を送ります。
コース アラカルト双方対応がすごく嬉しいのだ。






「ジュンジーノ」
大阪市北区西天満4-12-12 B1
06-6365-8008

投稿者 geode : 2019年12月 5日 10:34