« 「花門」 京都・ANAクラウンプラザホテル京都・日本料理 | メイン | 「ELK KAFFE」 大阪・西天満・コーヒー »

2019年11月 5日

「Kotaro Hasegawa Downtown cuisine」 東京・御徒町・フランス料理


午後8時を過ぎるとシャッターが全て閉まる商店街にポツリと灯がともる。

まるで小説の一節に出てきそうなシチュエーション。
そこに「Kotaro Hasegawa Downtown cuisine」はある。
19110508-copy.jpg

19110509-copy.jpg

オーナーシェフは長谷川幸太郎さん。
ボキューズ・ドールの日本代表にもなったシェフである。
こじんまりした店内。


今回は4名での食事であった。

まず最初に供されたのが 牡蠣と牛肉のタルタル。
19110510-copy.jpg

キヌアのサクッとした食感もいいアクセントなり、
この組み合わせは見事な出会いを示してくれた。

一品目からテンションが上がる。



続いてはホタテの料理。
19110512-copy.jpg

トマトのコンソメの酸味も素敵、ブロッコリーはアーリオオーリオ。
キャビアは塩味とコク。
ホタテの甘味も引き出されている。



バターは升に入る。
19110513-copy.jpg



アワビのジェノベーゼにナス。
19110515-copy.jpg

ジェノベーゼという発想がうまいもんを知り抜くシェフならでは。
スッと歯が入るナスの食感もいい。



足赤エビの料理。
19110517-copy.jpg

大麦のリゾットが下にあり、エビのブイヨンを泡立てる。
ジロールが乗る。
ジロールの濃厚さとエビの甘味がコーラスを奏でる。



フォアグラのポワレには栗のピュレ、そしてパンドエピス。
19110518-copy.jpg

火入れの具合や栗との相性など技術の高さを知る。



甘鯛のウロコ焼き。
19110522-copy.jpg

カリッとしたウロコの香ばしさ。
和食にも負けない味わい。
丸ナスのエチュベ(蒸し煮)がきいている。



メインは近江牛にカブのロースト。ジャガイモ。
19110523-copy.jpg

カブと牛肉のコラボレーションは最強かもしれない。



ヌガーグラッセにライチの泡。
19110525-copy.jpg

19110527-copy.jpg

頬が緩むデザートだ。



器は古伊万里などシェフが集めたものばかり。
料理と器のコンセプトがぴったり。

料理はシェフ一人、サービスはマダムの担当。
今後進化が約束されたようなレストラン
季節が変わるとまた出かけたい。






「Kotaro Hasegawa Downtown cuisine」
東京都台東区台東4-2-11 1F
03-5826-8663

投稿者 geode : 2019年11月 5日 10:18