« 「炭火割烹 いふき」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「Kotaro Hasegawa Downtown cuisine」 東京・御徒町・フランス料理 »

2019年11月 1日

「花門」 京都・ANAクラウンプラザホテル京都・日本料理


京都・二条城前のANAクラウンプラザホテルの日本料理「雲海」に出かけた。

京都の日本料理の料理人と一緒であった。
プロフェッショナルと同席というのは、こちらも少し緊張する。

前菜
車海老紹興酒漬け
柿と胡瓜の白和え
鯨ベーコン
19110118-copy.jpg

最初の一品は目に訴える力が重要だ。
季節感と仕事ぶり。期待を抱く感じであった。


向附
鯛の薄造り 赤貝。
19110119-copy.jpg

造りのうまみは舌にどれだけインパクトを与えるか。
弾力とうまみの相乗効果があった。



吸い物
土瓶蒸し。
19110123-copy.jpg

松茸、鱧もたっぷり入っている。
そこから濃厚な味わいが抽出され、喉が鳴るという味わい。



焼き物
金目鯛杉板焼き。
19110124-copy.jpg

19110125-copy.jpg

あしらいは無駄な装飾が少なく嬉しい。
香りの効果をもたらす一品。
脂分の乗り方が上品であった。



お凌ぎ
炙り鮪寿司。
19110126-copy.jpg

炙った鮪の寿司を海苔で巻いて食べる。
「このアイディア、面白いな」と同行の料理人。
食べ手が一手間かけるとそのぶん美味しく感じる。
海苔の香りと鮪の饗宴が素敵だ。



酢肴
蟹酢
19110128-copy.jpg

贅沢な一品。
酸味のある出汁のジュレがいいアクセントとなっている。



強肴
海老芋 鴨治部煮
19110130-copy.jpg

味わいにインパクトがあり。。



止め椀は赤出汁。

御飯、香の物
松茸御飯には、鯛の頭がしっかり乗っている。
19110131-copy.jpg

19110132-copy.jpg

視覚に訴える力あり。
松茸の香りや味わいは米粒一つひとつまで染み込んでいるのが値打ち。



水菓子
19110134-copy.jpg

まさに水菓子にふさわしい、果実のみ。



正統派の日本料理を満喫した。






「雲海」
京都市中京区堀川通二条城前 ANAクラウンホテル京都1F
075-231-1155

投稿者 geode : 2019年11月 1日 10:33