« 「けやき」 札幌・すすきの・ラーメン | メイン | 「花門」 京都・ANAクラウンプラザホテル京都・日本料理 »

2019年10月31日

「炭火割烹 いふき」 京都・祇園・日本料理


祇園で炭火割烹といえば「いふき」である。
祇園の前は先斗町で店を構えていた。

炭火の可能性をひたすら追求する料理人ご夫妻の姿がいつも麗しい。
19103181-copy.jpg



最初は、5種の前菜が出る。
19103173-copy.jpg

左上からうずらの山椒焼き
真ん中がカマスの炙り
右上がホッキ貝の炙り
右下がワタリガニのパートフィロ包み
左下がボタンエビにキャビア

酒飲みにはたまらない。器とのバランスもよし。



昆布締めしたクエを軽く炙り、ウニを添える。
19103175-copy.jpg

味が濃いとはこのことだと感じる。



椀物は胡麻豆腐に鱧に焼松茸。
19103176-copy.jpg

まさに季節の贈り物である。
だしが椀種と融合し、どんどんうまみを増してゆく。



焼きアワビには銀杏。
19103179-copy.jpg

この合わせ技には驚いた。



香茸には伊勢海老とトリュフ。
19103184-copy.jpg

モダンな組み合わせが功を奏した献立。
香茸の香りとトリュフの香りが交わり、第三の香りを生み出す。



焼き物はチョイスで
うなぎの源平焼。
19103186-copy.jpg

木曽川の鰻。
白焼きにはゴボウのピュレ。ゴボウの威力発揮だ。
たれ焼きのコクは嬉しい。



牛肉はロース。
19103188-copy.jpg

にんにくバター。
ゴボウの素揚げもいい感じだ。



締めの手前に冷やしトロロ麺。
19103189-copy.jpg

大将の手打ちだ。これでスッキリ。



ご飯は松茸ご飯にタンが乗り、筋子がかぶさる。
19103191-copy.jpg

贅沢感溢れる締めとなった。



きのこ入りの味噌汁。
19103194-copy.jpg



爽やかにシャインマスカット、なしなど。
19103196-copy.jpg



この後に季節の栗絞り(画像なし)。




素材の合わせ方が独自の道を歩む。
楽しい食事の時間であった。






「炭火割烹 いふき」
京都市東山区祇園町南側570-8
075-525-6665

投稿者 geode : 2019年10月31日 10:24