« 「寺町コロンボ」 京都・寺町・イタリア料理 | メイン | 「祇園 末友」 京都・祇園・日本料理 »

2019年10月24日

「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理


オーナーシェフ・森永宣行さんは一途な料理人である。
常にテーマを定め、それに向かって種々の思いを巡らす。

訪れるたびに楽しみが増える。
店の造りが実に心地が良い。
森永さんの世界観が如実に現れる。

スタートはフランスの典型的なアミューズ グジェール。
19102435-copy.jpg

この日は吉田牧場のマジアグリが入っていた。
胃袋に快適な刺激を感じる。


いつものパンが登場。
19102436-copy.jpg



大原野で採れたナスのスープだ。
19102440-copy.jpg

直火で火入れしたナスをスープにする。
鶏のブイヨンを使う。香りはまさに焼きナス。

やや酸味のあるクリームを溶かしてゆくとどんどん味わいが変化する。
これは傑作だと思った。



仔牛のロニョンのグリエ。
19102442-copy.jpg

「久々にいいロニョンが入ったのでお出しします」
シェフの思いの深さが詰まった一皿だ。
セップのソテー、シャントレル・トランペットなども加わる。
マデラと粒マスタードのソース。バランスが見事である。



村公一さんのスズキ。
19102444-copy.jpg

身のふんわり具合が素晴らしい。
シェリーを使った酸味のあるソースがスズキにぴったり寄り添う。
シンプルにしてインパクトがある。
やられたという感動を覚える。



完全放牧のジビーフ。草津のサカエヤで手当てされた牛肉。
19102445-copy.jpg

盛り付けも余分なものを排し、視覚に訴える力も強い。
部位はフィレ。さっくりした歯ごたえに続く旨味のある液体がすごい。



吉田牧場のカマンベールとマジアグリ。
19102448-copy.jpg

定番で安心感を与える。



森永プリン。
19102449-copy.jpg



エキサイティングな時間が流れていった。






「Droit ドロワ」
京都市上京区東桜町49-1
075-256-0177

投稿者 geode : 2019年10月24日 10:07