« 「Sentido センティード」 京都・東洞院御池・コーヒー | メイン | 「Lotus Pot(ロータス・ポット)」 大阪・西天満・薬膳鍋 »

2019年10月11日

「チェンチ」 京都・岡崎・イタリア料理


「チェンチ」というイタリア料理店がある。

オーナーシェフの坂本健さんは、料理を作るだけでなく、
食に関するさまざまな世界に関することを常に考え、挑戦を続ける料理人だ。

この日は、現在牛肉業界で話題の「サカエヤ?チェンチ with うえと」という試みであった。
メニューは全て「サカエヤ」の牛肉・豚肉を使う。

愛農ポーク 腕ミンチ 腿ミンチ 肩ロース
19101192-copy.jpg

手前から 肩ロースを65度で10時間火入れしたハムにチーズ。
次がミンチカツ、マヨネーズがいい仕事。
イカスミを加えたソーセージ。イカの食感が生きる。


近江牛赤身モモ
モモ肉はたたきで仕上げる。
19101194-copy.jpg

下には焼きなすのピュレとミョウガ、上には吉田牧場のホダカというチーズ。
カルパッチョのような感覚で楽しめる。



ジビーフ 赤牛
全粒粉のタヤリン ボタンエビとキャビア
19101198-copy.jpg

19101100-copy.jpg

ジビーフから取ったスープがかかる。
秀逸な一品であった。



愛農ポークバラ
19101102-copy.jpg

塩漬けにした豚バラ肉を蒸し豚にする。
ソースは黒ニンニクなどで中華風の香りを演出。
中華饅頭のような感じでまた食べたい一品。



秋田の10歳になる経産牛。
19101104-copy.jpg

以前もここで経産牛を食べたのだが、その仕上がりが素晴らしく素敵であった。
今回も的確な火入れで見事な味わい。
付け合わせのカブラの凝縮感も含め味わい深い一皿となった。



ブラウンスイス ジビーフ
19101107-copy.jpg

ミンチにしてボロネーゼに仕立てた料理。
キノコの味わいもきいている。
ミンチも通常は3.2ミリだが6.4ミリで。
なんとも記憶に残る逸品である。



豆乳ヨーグルト 和ナシ ライムに生姜のソルベ
19101109-copy.jpg



安納芋のスイートポテト
柿のデザートなど
19101110-copy.jpg



小菓子
19101112-copy.jpg



全ての料理にティーペアリングもありで、新たな発見もあった。
コラボレーションの楽しみを満喫した。






「チェンチ」
京都市左京区聖護院円頓美町44-7
075-708-5307

投稿者 geode : 2019年10月11日 10:11