« 「秋華」 京都・北白川・中華 | メイン | 「Sentido センティード」 京都・東洞院御池・コーヒー »

2019年10月 9日

「MOTOI」 京都・富小路二条・フランス料理


京都市中京区にあって大きな敷地と建物。
レストラン「MOTOI」は貴重な存在である。

19100951-copy.jpg

シェフの前田元(マエダモトイ)さんは中華料理を10年間学び、
そこからフランス料理の世界に転じ、フランス料理の方が長くなった料理人である。


古い町家を改造し、見事なレストラン仕様となった。
この日は蔵での食事となった。
19100954-copy.jpg



ヘーゼルナッツ。インドのスパイスを効かせている。
19100955-copy.jpg

これは中華の風合いを感じる。



小さなアミューズ。
19100956-copy.jpg

右から胡麻団子、クラゲ・セロリ・カボチャ、白玉団子の生ハム、モッツアレラチーズ。
楽しいラインナップだ。



鱧の落とし、ミルクの泡に柚子の香り、中には松茸も同居する。
19100958-copy.jpg

季節の賜物である。



ヤイトカツオは軽くスモークをかける。
ゴーヤにマッシュルーム、春巻の皮を崩して一緒に食べる。
19100960-copy.jpg

19100962-copy.jpg

この季節ならではのカツオの味の深みに喜ぶ。



鳥取の海藻バター。
19100963-copy.jpg

豆乳クリームを使う。



鴨のフォアグラ。塩麹を使う。
19100965-copy.jpg

洋梨のコンポート、ヨーグルトに黒蜜のソース。
フォアグラは柔らかさを感じる。塩麹の力強し。



ホタテにはパン粉、エスカルゴバター。
19100967-copy.jpg

なめこのソース、イカ墨のリゾットが付け合わせ。
この取り合わせは重層的な味わいを作り上げる。



メダイのポワレ、大原の野菜をふんだんに(40種以上)使う。
19100969-copy.jpg

京都で料理を作ることの意味合いを考える。
ソースは魚の出汁に白ワインとトマト。
うまみはどんどん増してゆく。



仔牛はフランス産。
19100970-copy.jpg

周りを炭火で仕上げる。
ナスのキャビアを添える。



プラムのアイスにバジルのゼリー。
19100971-copy.jpg



梨のコンポート、クレープ、バニラアイス、梨のソース。
19100974-copy.jpg

まとまりのある一皿。



小菓子。
19100975-copy.jpg



キャラメル。
19100976-copy.jpg



前田さんの世界観を楽しんだ。

京都ならではの世界が生まれている。






「MOTOI」
京都市中京区富小路通二条下ル俵屋町186
075-231-0709

投稿者 geode : 2019年10月 9日 10:18